僕がセネガルに行くと決めた理由 その2

僕がセネガルに行くと決めたわけ その1はこちら→
http://senegaltaizaiki.com/2014/07/28/why-senegal1/

自分の中に選択肢が増えたことで、今度は世界に少し興味が湧きました。

ただ、僕は海外があまり好きではありませんでした。

ハワイとヨーロッパに旅行へ行ったことがあります。
もちろん景色や文明の背景はとてつもないものを感じますが、
通じない言葉や分からない文化という点にひどく疲れてしまったわけです。

こりゃあ2度と海外に行くことは無いな!と思っていましたが、
今年の3月、会社を辞める事を決めていた僕が
次に選んだのはフィリピン留学。

Exif_JPEG_PICTURE

理由は、
以前に友人がフィリピン留学をオススメしていた事。
留学としては費用が安い事。
そして何より、僕が海外を嫌う理由の「通じない言葉」「知らない文化」を
克服するチャンスだと思ったからです。

そして4月から6月末までの3ヶ月。効果は絶大でした!

もう海外への抵抗はありません。

その3ヶ月はとても貴重な体験の連続。

ちなみに留学先は、バコロドという田舎の方です。

向こうにいた日本人や韓国人の学生はほぼ全員、
留学後はワーホリか世界一周へ向かう人ばかり。

むしろ日本に直帰する僕のほうが少数派でした。

みんな優しいし、活気に溢れてる。良い仲間たちに出会えました。

そして僕が一番刺激を受けたのは、やはりフィリピン人。

収入は日本と比べて10分の1程度の先生達。
でも皆めちゃくちゃ明るい。

僕が「日本では毎週月曜日になると必ず電車に飛び込む人がいるんだ」という話をすると、
信じられないような顔をしていました。そりゃそうだ。

フィリピンでは自殺なんてするような人は見たことありませんでした。

仲良くなったストリートチルドレンの子供達だって、
僕の名前を呼びながらハイタッチ!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

例え貧しくても、そんな中でなんとかやって行く。
そんな逞しくも自由な空気がバコロドにはありました。

だからなのか、バコロドの人達はみんな優しいし、全然物騒じゃあない。
(もちろん日本と比べると注意する必要はあるけど、そこは自己責任)

この留学を通して得られたものは想像以上に大きかった。

第二の故郷と思えるくらいに、何か貢献していきたいと強く思うようになりました。

そして日本へ帰国後、友人から
「一緒にアフリカのセネガルで働かないか」
という誘いをもらいました。

もともと友人がアフリカで起業している事は知っていたし、
フィリピン生活を経た事で、どの国だろうと抵抗感はありませんでした。

ただ、僕が最も気になっていたのは、自分の「年齢」
今すでに28歳。これで最低2年間セネガルにいたら30歳になってしまう。

将来の事を考えると不安ですぐには答えは出せませんでした。優柔不断、本領発揮です。

もうこれにYESと答えると、
確実に今までの僕の平凡レールからは外れてしまいます。脱線レベルです。

めちゃくちゃ悩みました。そりゃあもうスゲー悩みました。

でもやっぱりいくら悩んでもキリがない。それならとりあえず行ってみよう。

やっぱり100%の気持ちで突っ込めるような真っ直ぐな性格をもっていない僕ですが、
その分、冷静に物事の判断ができると思います。

それに今なら、日本の為にできる事よりもアフリカの為に出来る事の方が多いはず。

 

そして今に至ります。

皆さんに伝えたかったのは、
決して留学帰りからの軽いノリでセネガルへ行こうというわけでは無いということ。
セネガルの人達の生活を少しでも良くしていきたいし、自分達だけでは難しくても、
後から他の日本人が来やすくなるきっかけにもなれればと思っています。

長々と書いてきてしまいましたが、最後までお読み頂きありがとうございます。

それでは! 

僕がセネガルに行くと決めた理由 その1

こんにちは!

斉藤です。

 

今まで平凡な生活を送ってきた僕が、

 

海外旅行に行くだけでクッタクタに疲れていた僕が、

 

アフリカとは生涯無縁だと思っていた僕が、

 

なんで、こんな事になっちゃたのか笑

 

ちょろっとお話させてください。

THE 一般市民でした

そもそも僕は小学校から大学まで平凡な生活でした。

僕のイメージでは、起業する人や海外へ繰り出す人って、
やっぱりどこか普通じゃないんですよね。
めっちゃ頭良かったりとか、話がうまいとか、考えるより先に体が動くとか。
そういう意味では、僕はどれにも当てはまりません。

むしろ優柔不断と共に生きてきました。

日々の、悩んできた時間を合計すると、3年分は丸々あると思います。

でも、そんな中でも、少し違った環境に身を置いてみる事もありました。

例えば、リゾバ。いわゆる住み込みバイト。


IMG_1209

都会から離れ、日本の田舎で民宿やホテルのバイトをしながら、
他の地域の人と合うことで日本の違った景色が見えました。

でもまあそれだけじゃあ僕のTHE 普通な人生は揺るぐ事なく、
サラリーマン生活へ突入。

朝の満員電車から始まり、
終電で帰ることもしょっちゅうという日々が続きます。

あぁ、このまま自分の時間も取れず充分な給料も得られないままいつしか彼女を見つけ結婚をして2人の子と小さな家を持って幸せな家庭を・・・持てるかどうか怪しいぞ!?

と、今後の行末を考えていたところ、
ちょっとしたきっかけがあり、お小遣い程度ですが
副収入を得られるようになりました。

それにより、今まで一本のレールしかなかった自分の道が
何本にも増えた気がしました。

・・・続きはコチラ

セネガルとは?

こんにちは!

斉藤です。

 

そもそもセネガルってどんなところ?

はい、お応えしましょう!!  

セネガルとは

  • セネガルは西アフリカの中でも最西端にいちする国。
  • 首都はダカール。
  • 公用語はフランス語。
  • 普段使われる国語はウォロフ語。
  • 飛行機での行き方は日本→ワシントンD.C→セネガル(他にも行き方はあります)
  • 国土面積:約197,161k㎡(日本の約半分)
  • 人口:約1,310万人(日本の約10分の1) 国民の90%以上がイスラム教
  • 平均年収:10万円(月収ではありません!)
  • 国民的スポーツ:バスケットボール
  • 日本人の年間渡航者数はおよそ1206人(1%以下)
  • ゴレ島は過去に奴隷貿易の拠点として栄え、いまでは世界遺産。
  • ラックローズはピンクの湖で有名。塩分が高めなので入ると浮きます。
  • 日本人が貢献している場面もあり。
  • 日本語学校もあり。
  • テランガ精神:外国人をもてなす文化がある。
  • 家庭料理は「チェプジェン」パエリアっぽい料理

といった感じです。ありえへん!∞世界でやってました。

僕が以前イメージしていた、広い草原と原住民ばかりということは無いようです(笑)

その他にも

日本人滞在者は200人台(国際協力機構(JICA) 含む) だったり、
友人曰く、比較的治安は良いようです。(もちろん注意は必要)

少しはセネガルについて理解頂けましたか?

それでは!!

アフリカブログ始めました。

こんにちは!斉藤です。

ほぼ全てのみなさん、初めまして。

バコロドブログから飛んできてくれた方、どうもです。

斉藤と申します。

 

今年の末ごろからアフリカのセネガルへ飛び立ちます。

 

理由は、新しいお仕事を作りにです。

 

探しにではありません。

 

作りに行って来ます!!

現地に行くまでは書ける内容は少ないかもしれませんが、

行くまでの準備とか
それまでにお会いできた人とか
出来る限り更新していこうと思います。

よろしくお願いしますー!

 

ちなみにフィリピンや留学に興味のある方、こっちでもブログやっています。

フィリピン留学 3ヶ月のバコロド体験日記:So-netブログ
http://phbacolodo.blog.so-net.ne.jp/