アフリカ旅行に必要な予防接種 ワクチンの金額は10万円!?

Pocket

 

こんにちは!

 

斉藤です。

 

先日、セネガルへむけて

予防接種を受けて来ました。

 

これから海外への旅行や

長期滞在を考えている方は

参考になる内容になるので

是非、目を通してくださいね。

 
 

今回、全く無知の状態で

予防接種について調べたり、医師の話を聞いてきた際

意外だった事を纏めました。

 

ワクチンには、生ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドがある

アフリカへ行く際に必ずウケておくべき
予防接種の一つ「黄熱病」は
生ワクチンのため、他のワクチンと一緒に受けることができません。
※当日のみ、可能なようです。
 
また、接種後の待機期間が約1ヶ月と長いため、
先に生ワクチンを受けてしまうと
他のワクチンを受けるまで時間がかかってしまいます。
 
ですので、渡航まであまり時間がない場合は、
一番最後に「黄熱病」の予防接種を受けることをオススメします。
 
その他の予防接種も、生ワクチンか不活化ワクチンかなど、
調べておきましょう。
 
 

ワクチンは、最大4回にも渡って注射する必要がある。

 
一回で済むものもあれば、2週間おきに3回注射し
その1年後にもう一度打つ必要のあるワクチンもあります。
 
これを3回でやめてしまうと、効果が1~2年で消えてしまうところ、
ラスト一回を打つことで10年に伸びるという効果があるようです。
凄まじいお得感です。
 
 

国産ワクチンと輸入ワクチンがある

もし、予防接種が最後まで終えられずに
渡航日になってしまうという場合は
輸入ワクチンを使いましょう。

渡航先で保有している可能性があります。
※必ず医師に確認して下さい。

 

  • アフリカ渡航で必須な予防接種は「黄熱病」「破傷風」「A型肝炎」
  • アフリカ渡航で受けておいた方が良い予防接種は「B型肝炎」「腸チフス」「髄膜炎」
  • ワクチンは一回3000円~15,000円
 
多い・・・とにかく多いです。
そして高い!
 
これらを全て受けようとすると
僕の場合、10万円近く掛かります・・・
 
短期間に予防接種を受けると
このワクチン代が生活の負担になってくるため
早め早めの摂取をおすすめします。
 
ワクチンの持続期間は10年間のものが多いので、
早めに打っておいても
渡航時に効果がなくなる心配もありません。
 
むしろ、
中途半端な回数のまま行くと
渡航中に効果がなくなってしまう危険もあります。
 
 

混合ワクチンを使えば、一度に複数種類のワクチンを摂取できる

そんな時にオススメなのが混合ワクチン。
例えば、「A型肝炎」と「B型肝炎」を同時に摂取できます。
時短ですね!
 
 

一年前からでも早くはない!

 
世界一周や留学など
長期間海外へ行く場合は、
渡航の半年、もしくは一年以上前から
予防接種を始める必要があります。
 
でないと、受け終わるだけの十分な時間がありません。
 
つまり、お早めに!って事です。
 
行く場所や滞在期間によって必須な予防接種は異なるため、
 
必ず医師に相談し、予防接種スケジュールを組んでもらいましょう。
 
 
それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です