海外での両替で1000円得した!クレジットカードのキャッシングが良い理由

こんにちは!斉藤です。

土曜日、ガジェットブログです。
今日は為になるお話。

 

海外へ行く時、現地の貨幣への両替はいつ行えば良いか。

これ、悩みますよね。

で、色々調べて試した結果、一番良い方法をご紹介します。
うまく利用することで、1000円以上の金額差が出ます。
どの国でも応用が利きやすい技です。

はじめに

まず、前提条件はこちらです。

【1】アフリカでも利用可能
【2】何度でも利用可能
【3】あまり時間は掛けたくない
【4】アフリカのATM上限MAXの20万XOF(約4万円)を、下ろす。
【5】レートや手数料は安く抑えたい
【6】安全

以上。

日本円を持っていき、現地で現地貨幣へ両替するのは、【2】の理由からNG。
数少ない両替所へわざわざ行くというのも【3】的に良くありません。

マネパカードは、主要通貨への利用なら良いですが、
それ以外の場合、例えばセネガルでは
日本円→ユーロ€→XOFと、為替の影響を2回受けてしまいます。

クレジットカードのキャッシング最強説

そこで、総合的にオススメするのがこれ。
この方法が最も効率的で手数料も安く済みます。

ただし、以下の3つのポイントを理解しておかないと、大きく損をしてしまうので、注意!

ポイントその1:キャッシングは、ショッピング利用よりも為替レートが安い。

キャッシング利用につきましては事務処理費(1.6%)はかかりませんが、ATMの利用手数料(ご利用金額 1万円以下:税込108円/件 1万円超:税込216円/件)がかかります。 引用:http://faq.eposcard.co.jp/faq/show/220?category_id=110

「事務処理費(1.6%)」は、為替レートに対して1.6%の手数料が上乗せされるというもの。
つまり、クレジットカードを通常の方法で使用した場合は
「使った海外貨幣x為替レートx1.016」が請求されます。

しかし、意外なことに、キャッシング時にはこの「事務処理費(1.6%)」が掛からないようです。

ポイントその2:キャッシングの利息日数の実態

お利息の計算方法は、元金残高×18.0%×据置日数÷365日(うるう年は366日)です。 引用:http://faq.eposcard.co.jp/faq/show/113?category_id=39&page=1&sort=sort_access&sort_order=desc

事務処理費が掛からない代わりに、キャッシングには
年利18%という、法外な利息が掛かります。
10万円借りたら1.8万円ですね。どひゃーっ。

ただ、実際は、クレジットカード利用時と同じ締め日に締められ、
次回引き落とし時に支払うので、実際は18%も掛かりません。

しかし、意外と知られていないのが、発生する利息日数の計算方法です。

実は、利息が掛かる日数は

使用日~締め日

ではなく、

使用日~引き落とし日

という事です!

つまり、27日締め、翌月27日払いだった場合
10月26日にキャッシングを行ったとしても、利息は31日分掛かります。
1日分ではありません。1日+1ヶ月分です。

ポイントその3:超重要!利息を下げる方法

1日+1ヶ月なんて払ってられない!という方に朗報。
実は、利息日数を減らす方法があります。

その方法とは・・・先払いです。

要は、引き落とし日が来る前に、先にクレカの指定口座へ振り込めば良いんです。

キャッシング後、クレカのカスタマーサポートに電話して、
「キャッシング利用額の先払いをしたい」
と、伝えましょう。

そうすると、利息は日割り計算になり、更に安くなります。

短期旅行者の場合は、帰国後に電話すれば良いでしょう。

長期滞在や、移住をしている方は、IP電話を使って電話をしましょう。

ベストなタイミングは、利用してから2日後です。
利用日の翌日だと、まだ反映されていない場合があるので。

計算してみた

10月26日に20万CFAをキャッシングしたとして、計算してみましょう

ここでは、1 XOF = 0.20283 JPYとします。(2015/12/12 2:00時点:http://jpy.jp.fxexchangerate.com/xof/)
(為替としてはCFAではなくXOFと言うらしい)

■先払いをしない場合(1日+1ヶ月利息)
200,000XOF = 40566円 + (40566 x 0.18 x 31/365)※利息 + 216円※引き落とし手数料
=41,382円

■先払いする場合(2日利息)
200,000XOF = 40566円 + (40566 x 0.18 x 2/365)※利息 + 216円※引き落とし手数料
=40,822円

となります。約500円の差がありますね。

クレカの指定口座への振込手数料が掛かったとしても
200円くらいなので、それでも安いです。

また、キャッシング日が10月1日だったとしたら、利息は更に増えるので
1000円近くの差が出ることになります。

キャッシングに使うならVISA

如何でしたか?
知ってると知らないとでは、雲泥の差があります。
為替レートがいくら等と言って、銀行を走り回ってる場合じゃないですね

キャッシング用のカードは世界ブランドのVISAが良いでしょう。

EPOSゴールドカードか、三井住友VISAカードがオススメです。

それぞれの特徴は後日書きます。

それでは!

photo credit: Citi London via photopin (license)