「ワナビーズ」自分の気持ちを大切にしたい人の為の就職支援

こんにちは!斉藤です。

土曜日、ガジェットブログです。

今回は、学生たちの就活も近づいてきたという事で、
就職支援の新サービスが発表されたのでご紹介。

 

ワナビーズ

ワナビーズ層専門の就職支援サービス
http://wannabes.onlystory.co.jp/

株式会社オンリーストーリーが運営するサービスです。

ワナビーズ層とは、他人の評価より、自分の気持ちを大切にしたい人達のことです。
(引用元:ワナビーズHP http://wannabes.onlystory.co.jp/)

世間体を気にするな。自分が働きたいと思う事をしろ。

というのは、僕も同感です。

昨今は「大手 = 一生安泰」という式が成り立たなくなってきています。

今は、大手も中小も、殆ど同じ土台に立っているんじゃないでしょうか。

中小企業はダサかった

僕らが就活していた頃は

「リクナビ」「マイナビ」の2大巨塔が大半を占めていました。

でも、正直ダサイ。画像は小さいし文字がビッシリだし。
とにかく情報を詰め込みました!って感じ。
これじゃあ中小企業のページ見たってグッと来ませんよね。

大手企業の場合は、自社HPでお金かけまくった就職専門ページを公開してて
そりゃもうカッコイイのやゲーム性あふれるものなど、いろいろありました。

でもそれは何十人、何百人採用する企業だから出来ることで、
中小企業が出来るかって言うと難しいです。

そんな訳で、小さな会社にどんな差別化があるかを見つけ難かったんです。

ワナビーズは、そんな中小企業の魅力を引き出せるサービスの一つではないでしょうか。

ワナビーズで見つけられる中小企業の魅力

試しに、リクナビのページと、ワナビーズのページを比べてみましょう。
(選んだページに意図はありません)

【リクナビ】
http://job.rikunabi.com/2016/company/theme/r845600040/T479/

【ワナビーズ】
http://wannabes.onlystory.co.jp/articles/2/skill

どうでしょうか。
同じ文章量かもしれませんが、全然見栄えが違いますよね。
どっちが大手だかわからんレベルです。

気になったのは、ワナビーズで取り上げられている
「働いている先輩」の過去話。

読むと、情けない人が多いのは、意図してなんでしょうか・・・?

学生の頃は落ちぶれてたとか、働くのが嫌だったとか・・・

この、
憧れるべき存在であるはずの先輩の弱い部分を見せる
というのは、斬新な切り口。会社に対して親近感が湧きました。

今後に期待します。

まだ、始まったばかりのサービスなので企業数自体はかなり少ないです。

ただ、もともとこのサービスを運営している企業は、
多くの中小企業と繋がりを持っているようなので
近いうちに掲載企業も増えていきそうですね。

もっとバラければ良いのに。

地方への移住支援が盛んになって来ているように

中小企業への支援も目立つようになって来ました。

この両方が上手く作用し合って、
日本国内の人達をいい感じに散らばらせる事が出来れば
もっと住みやすくなるんじゃないかな、と思いながら
応援していきたいと思います。

それでは!

(アイキャッチ出典元:http://wannabes.onlystory.co.jp/)