ダカールマラソンに参加しました。Marathon Eiffage de l’Autoroute de Dakar 2016

こんにちは!斉藤です。

水曜日、アフリカブログです。

先週の日記の後、マラソン当日。

その模様をお届けします。

初開催!ダカールマラソン

今回、セネガルに高速道路が開設する記念として、

ダカールマラソンが開催されました。

マラソン、それは世界的国民的スポーツ

子供からお年寄りまで。運動神経の有無も関係なく参加できる素敵なイベント。

日本人と言えばマラソン好きは有名で、苦しく長い道のりを走るためだけに
何百キロも離れた土地へ何万円も支払って、わざわざ海外の有名大会にこぞって参加するほど。

かくいう運動音痴な僕も、マラソンだけは唯一
「スポーツ」と聞いても体が拒否反応を起こさない貴重な貴重なスポーツです。

日程と費用と貰えるもの

今年(2016年)は2月13日(2~10km)と14日(10km、ハーフ、フルマラソン)に行われました。

13日の参加費用は無料!

14日の参加費用は、距離により20ユーロ~50ユーロです。

が、しかし!セネガル居住者は2000CFA(約400円)とバカ安。

もちろん僕も例外ではありません。こりゃあ参加するしか無いっしょ!

しかも、Tシャツ、帽子、ドリンクボトル、ナップサックなどなど
豪華アイテムがもらえます。もう原価割れ確定

それらを一つずつ紹介したかったんですが、運営側の不手際により、
僕らはゼッケン以外は何一つ手に入らず・・・(T_T)

しかし、一部の人達は無事ゲットできています。
こちらのブログに一式掲載されていますので、羨ましがりながら見てみて下さい。

【ダカールでマラソンを(前半) – ダカールで商売を。】http://senegal-business.hatenablog.com/entry/dakar_marathon1

当日のマラソン風景を動画でご紹介

2分程度の動画にまとめてみました。

とにかく黒人!黒人!

VIRB Picture

黄色いTシャツが映えますね。

(10kmは赤、ハーフは黄色、フルは緑のTシャツがもらえた。)

s-VIRB0002

走り出しはみんなハイテンション。

動画を見てもらうと分かりますが、
途中途中で民族衣装を来た人たちが踊りながら応援してくれます

s-VIRB0012

10分も走ると、先頭組、中間組、後続組に分かれてきました。

僕は最初は後発組。というか結構後ろのほう。

だったんですが、焦らずマイペースで走る。

そしたら案の定、10km地点で歩いてる人が多いのなんの。特に黒人。

その場の勢いでかっ飛ばしたり、練習ゼロで来た人たちだと思います。

黒人=アスリートなイメージが強いですが、そんな彼らをごぼう抜き。か、快感・・・

最終タイムは2時間3分(非公式)!

正確には計れていませんが、2時間切りたかったなぁー

完走後のおもてなし

マラソン中も、補給所が5km感覚であったのはありがたかったです。

しかも、完走後はフルーツ、炭酸ドリンク、ミネラルウォーターの支給に加え

お菓子(クラッカー、チョコ)、メダル(ハーフはシルバー)がもらえました

さらにさらに、友人に教えてもらったんですが、
下記サイトに自分のゼッケンを入力すると、当日の写真が見れる!!

http://marathoneiffage.webphotolive.com/

(僕は「2557」です)

これはテンションあがりますね!!

マラソンを終えて

めっちゃ気持ちよかった!

最初は10kmにしようと思ったんですが、ハーフにして正解でした。

日々のランニングはこれからも続けていこうと思います

それでは!