留学の新しいカタチ「トビタテ!留学JAPAN」と採用の倍率

こんにちは!斉藤です。

僕が海外にいるからかもしれませんが、

学生のうちから、海外に留学に来ている日本人の多さにびっくりしています。

 

僕が学生の頃は、留学する人って稀なイメージでした。

でも、実際に海外に来てみると、

意外と日本以外に日本人て多いんだなーと思いました。

で、いま、そんな若者たちを支援する、こんな制度があります。

海外活動を支援する制度

トビタテ!留学JAPAN – その経験が、未来の自信。 – 日本代表プログラムとは? –
http://www.tobitate.mext.go.jp/program/index.html

単純に語学留学をするんじゃなくて、
それプラスアルファな事をしに、海外へ行きたい学生をサポートする制度です。

もう、英語を学びにフィリピンやアメリカに行くって古い。

言語そのものを学びに行くんじゃなくて、海外活動を行っていく上で、言語を学んで行く。

これですよ。

自分のやりたい事を実践できるチャンス

僕が以前クラウドファンディングを使ったのと同じように、

自分がこれから行っていく活動を提出します。

それが認められれば、支援金がでるというものですね。

こういうのって、使わないと勿体無い。

せっかく公的に認められている制度。自分が使わないなら他の人が使うまで。
彼らよりも強い目的と価値を持って留学をするなら、
絶対利用するべきですよね。

国内の留学制度もあり

地域人材コース http://www.tobitate.mext.go.jp/program/region/index.html

留学先は海外だけではありません。

日本の中での活動も支援してくれます。

自分の地元を盛り上げていくために、この制度を利用することもできそうですね。

個人的には、この地域人材コースを頑張って行って欲しいです。

採用の倍率について

【トビタテ!留学JAPAN】5期生500名募集開始、4期生の応募倍率 http://globaledu.jp/%E3%83%88%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%865%E6%9C%9F%E7%94%9F-14077.html

この記事を読む限りだと、前期(4期)は全体平均で2.7倍とのこと。
ただ、「多様性人材コース」は576名応募、100名採用予定(5.76倍)
「地域人材コース」は49名応募、30名採用予定(1.6倍)
と、カテゴリーによって差はあるようです。

定員割れしている場所もあるようです。
各地域としてもやっぱり十分な募集は求めているはずなので、
思い切って電話して聞いてみるのもありかもしれません。

それでは!

【PR:インターン生、募集中!】

intern-blog