起業家必見!確定申告を自分でする人は稼げない?

こんにちは!斉藤です。

社長、個人事業主のみなさん。
確定申告お疲れ様でした。

世が確定申告でせわしなく動いている中で
ホリエモンこと堀江貴文さんが
こんなツイートをしていました。

「自分で確定申告する」=「稼げていない」
っていうのは極端だけど、
この作業を外注化して、
空いた時間をビジネスに
回したほうが稼げるってのは同意。

僕も毎月の経理は税理士さんに任せてて、
確定申告の時は、レシートなんかも
丸投げで渡すだけでやってもらえます。

それでなくても、
今は、freeeやマネーフォワードという、
クラウド型会計サービスもあります。

クラウド会計ソフトを使うとこんなに時短!

51SYlug-j0L._SL1231_

マネーフォワードのアンケート結果によると
日々の支払いや売上を
クレジットカードと口座間送金で纏めてしまえば
今までの1/5の作業時間で済んでしまいます。

勉強の為とか、好きでやっている人でない限り
自分で確定申告するのはおすすめできません。

直接、利益UPに関わらない作業は
出来るだけ効率化、外注化してしまいましょう。

で、空いた時間をビジネスに回しましょう!

それでは!

ビジネス成功者たちの共通点

こんにちは!斉藤です。

皆さん。ビジネスで成功している人たちの
共通点ってなんだと思いますか?

成功者たちの共通点

僕が実践しているネットビジネスで、
結果を出している人達には、共通点が
あります。それは、

成功者から教わった事を、言われた通りに実践している

です。
成功者とは、自分の先を進んでいる先輩や
講師の方々の事ですね。因みに、そんな成功者達にも
「師匠」と呼べる相手がいるものです。

彼、彼女達は、あなたより知識も経験も豊富で
既に結果を出している人です。

最初はその人達の言われたとおりに進めましょう。
自分なりの工夫をしてみるのは、実績が出てきて、
勝手が分かってきた後でも遅くありません。

あなたが言われた通りに出来ない理由

でも、この「言われた通りにやる」
って、実は結構難しい。

みんな、不安だからなんです。
本当にマニュアル通りに進めれば成果が出るのか?
自分には向いていないんじゃないか?
このメンターの言うことを信じて良いのか??
もっと自分にあったビジネスがあるんじゃないか?

こんな事を頭のなかでグルグルグルグル
考え続けてしまいます。

社員研修、人材育成を行っている
株式会社アクシアの岩野 敬一郎社長。
この方は自身のブログでこう語っています。

新しいことを学んで習得し、
自分のモノにするために
まず気を付けたいことが、
「言われた通りにやってみる」
これが意外とできない。
これまでの経験や先入観が邪魔
をしたり、新しいことに向き合う勇気がなく、
自分の慣れた方法に頼ってみたり・・・。
残念な人はとにかく失敗を怖がって、
真面目に取り組まない。
そんな姿勢で上達する訳ないですよね。

http://www.axia-samurai21.jp/theme181.html

当てはまる人、いるんじゃないでしょうか。

まずは、黙ってマニュアル通りに進めてみる!これです。

信じる相手を間違えるな!

しかし、中には良くないメンターがいるのも事実。

お金だけ受け取って、後は古い情報を渡して終わり。
質問しても「マニュアルをよく読め」とか
「自分で調べる事も必要ですよ」とか言って誤魔化す。
そんな人には騙されないように気をつけましょう。

因みに、嘘を嘘と見抜く方法ですが・・・

色々な情報を手に入れて、見比べる事が大事です。

てっとり早いのが、その分野で既に稼いでいる人に
直接聞いてみる事ですね。

僕の場合、輸入ビジネスに関してであれば、
LP(ランディングページ)を見れば、大体
その人が信用できるか出来ないか分かります。

これは2年間、自分で実践しながら
情報を得てきたからこそ分かるものです。

「この人のスクール、入りたいんだけどどうだろう・・・」

と思ったら、僕にメッセージ下さい。
なんならオススメの人を紹介したりも出来ます。

因みに、僕も今2つのスクールに入っています。
(本当にこれで正しいのか・・・?)
という不安よりも、成功する確信の方が強いので
言われた通りに進められています。

結果が出てきたら、ご報告しますね。

それでは!

静岡の浜松で田舎暮らし

こんにちは!斉藤です。

約1週間かけて、静岡、名古屋、富山と旅してきました。

本日は、静岡について。

地方都市な浜松市

hamamatsu01

今回僕が回ったのは浜松市、浜名湖周辺です。
目玉といえるほどの観光スポットは乏しく、
浜松めがけて来る人は少なそうですが、
温泉あり、うなぎも旨い。
程よい地方都市具合が好きでした。住むには良さそうです。

しかも、名古屋まで車で2時間。横浜まで3時間という交通の良さ。
日帰りで関東も関西も行けてしまいます。

田舎の面も併せ持つ浜松市

地域紹介 | 浜松田舎暮らし
地域紹介 | 浜松田舎暮らし

ただ、静岡ってもっと田舎なイメージだったので(失礼)
田舎な所ないのかなーと探した所、ありました。
浜松は都会でもあり、田舎でもあったんです。

浜松田舎暮らし公式WEBサイト
http://www.hamamatsu-inaka.com/index.html

浜名湖周辺は飲食チェーン店や家電量販店など豊富にあり栄えていましたが、
同じ浜松でも、北へ行くと田舎が広がっているようです。

中立的立場な田舎暮らしHP

このホームページの粋なところは、
田舎暮らしの良い所だけでなく、悪いところも正直に書いている所です。

田舎暮らしとは | 浜松田舎暮らし
http://www.hamamatsu-inaka.com/inakagurashi-start.html

ここを読むと、「田舎暮らしって思ってたよりも大変・・・」と
ネガティブになるくらい正直に書かれています。
でも、これを知らずして移住をしてしまうと、想像と違ったからと言って
また都会に逆戻りする人が多いのも事実。

そうならないために、しっかりと読んでおきましょう。

田舎暮らしのデメリット

・車の通れない道を歩いて家まで行く事もある。
・電話、ネットが都会ほどつながらない。
・地域に住む人達と接する機会が多いので、隣人関係は大切。
・仕事無しの状態での移住は金銭的に難しい。

田舎暮らしのメリット

・狭いコミュニティだからこそ、沢山の触れ合いができる。
・都会には無い大自然に囲まれて過ごすことが出来る
・地域おこしなどで、自分から仕事を作り出す事もできる。
・住居や仕事周りの支出を抑えることが出来れば、普段の生活費は比較的安くすむ。

観光地やイベント

イベント情報 http://www.hamamatsu-inaka.com/eventIndex.html

観光スポットhttp://www.hamamatsu-inaka.com/spotIndex.html

中山間地域では観光スポットも多くあり、イベントも年間を通して行われているようです。

観光がてら、地域の人達と話してみるのも良いかもしれませんね。

地域おこし移住者大歓迎

中山間地域では、過疎化・高齢化により、地域の担い手が不足してきています。浜松田舎暮らし推進事務局は、地域に積極的に溶け込んで、地域の活力となっていただける方の移住をサポートします。

浜松田舎暮らし推進事務局(浜松市 市民協働・地域政策課)

後日ご紹介する富山県では、移住者の方々からお話を伺う機会がありました。

その方たちは、皆さん毎日やること盛りだくさんって感じで楽しそうでしたね。

「移住」=「のんびり暮らす」という印象が強いですが、

住んでみると地域交流や仕事、家事や趣味などでダラダラする時間は少なそうです。

でも、仕事「だけ」で忙しい日々を送るよりも、何倍も人生謳歌していると思いませんか?

それでは!

あなたが朝起きれない理由

こんにちは!斉藤です。

セネガルから帰ってきてほぼ一週間が経とうとしています。

環境の変化への適応力って凄いな!〈br〉
と思っています。

とくに強く感じるのが、生活時間。

僕が一年前に日本にいた時って、
深夜〜明け方まで起きてて
昼頃に目覚めるという、ノマドさまさまな生活をしていました。

でも、いざセネガルで生活を始めると、
深夜12時に眠気とともに眠り
朝8時頃にスッと目が覚めました。

しかし日本に帰ってきた途端、
もとのノマドライフに逆戻り!!

時差ボケがまだ残ってるのかな?ってくらい
自然に夜更かし生活に戻っていました。

原因を探る

僕なりに理由を考えてみたところ、
(実家という安心感という理由を除くと)
3つの理由にたどり着きました。

朝ご飯担当だった

セネガルでは、僕の担当は朝ご飯でした。
一緒に住んでいる皆に朝食のパンを買いに行くと言う使命があったのです。

それが大体朝8〜9時頃。

なので、それまでに起きないといけないわけです。

朝しか日本と連絡が取れなかった

セネガルと日本の時差は9時間なので、
営業時間内に連絡を取るには、セネガル時間の朝9時(日本の夜6時)がタイムリミットでした。

これはしんどい。
ノマドワーカーは是非ともこのしんどさを体験して欲しいです。

昼間に聞きたいことがあっても、深夜0時まで待たないと聞けない。
しかも深夜は電波が悪いので、実質、電話をするなら早朝がベストなんです。

メールのやり取りも一日2往復がいっぱいいっぱいだったりする事も。
日本で一日で終わる作業が
セネガル経由だと2,3日かかる事もザラ。

なので、それまでに起きないと!という緊急感が、強制的に目覚めさせてくれていたんだと思います。

周りが起き始めた

寝てると、家の中や外から生活音が聞こえてきます。
これを聞くと「起きなきゃ!」となります。

個人的には
目覚ましよりもこの生活音のほうが、
気持ちよく起きれますね。

朝日を浴びる

朝スッキリ起きるには、セロトニンを活性化させる必要があります。
で、そのセロトニンは、日の光を浴びることで活性化します。

朝、しっかりと太陽光を浴びることは、脳と体を覚醒させてやる気を引き出してくれる効果の他に、体内時計のずれをリセットしてくれる働きもあります。

私たちの体の中にある体内時計は、一日24時間の地球のリズムより約1時間ほど長いことが知られています。

地球上で暮らす私たちはその誤差を、太陽の光を浴びることで毎朝修正しているのです。

引用元:nemuri-cocoro.com/light-of-sun/

セネガルの部屋は、窓も大きいし、通り沿いに面していたので朝から明るかったです。

対して日本の我が家は現在部屋中にダンボールが山となっており
窓も小さいので日があまり入りません。

ここを改善するだけで、寝起きが良くなりますね

使命感、緊急感が大切

普段、皆さんが朝起きるのって

「学校に行かないと!」

とか

「仕事に行かないと!」

と言うのが大半の理由ですよね?

それに対して、今の僕には、
朝早く起きないといけない理由がありません!

羨ましいでしょ。(ドヤァ

ただ、流石に昼まで寝てるのってどうなの?と自問自答してしまうため

パートナーさんに朝一にやって欲しい内容を
敢えて、朝一で伝えることにしました。

これで僕が寝過ごすと
その分パートナーさんが時間を持て余すという
勿体無い状況になります。

僕と同様に、朝起きられなくて困ってるノマドさんは

ブログは朝に投稿する。

とか

フェイスブックやツイッターは朝7時〜8時しか見てはいけない。

など、寝過ごす事で自分の不利益になるルールを決めて見ると
改善されるかもしれません。

学生や社会人の方も、いつもの起床時間の前に自分ルールを組み込んでみては?

それでは!

セネガルから日本に帰国して感じたこと

こんにちは!斉藤です。

昨日、日本に一時帰国しました。

2日の朝にセネガルを出発して
2日の夕方にトルコに着き、深夜に出発して
3日の夕方に日本に着きました。

丸々2日を移動に使ったのか!!

と思うと何だか勿体無い気分です。

まあ、その間に映画を6本ほど観てやりました。

セネガルと日本の温度差

photo-1424470535838-79a00dc41aa5

セネガルの早朝に来ていた服装(半袖+カーディガン+コート)で日本に降り立ちましたが
さむっっ!てほど寒くもなかったです。

最近はセネガルも寒くなってきています。
まあ今月くらいだと思いますけどね!

日本に帰ってきた時の感想

a0027_002849

なんか、1年も海外にいたとは思えないくらい普通でした。

まあセネガルでもガンガン日本人と一緒でしたからね。

人混みはセネガルでも当たり前なので、人混みに酔うような事も無し

強いて言えば、日本語が飛び交っていたのに少し違和感がありました。

セネガルだと、外で知らない人が会話してたら95%は何話してるか分かりませんからね

日本だと日本語なので、筒抜け(当たり前)

家に入った時の感想

ZB8L0DF4EE

せまっっ!!!こんな所に住んでたのか!!!ってくらい狭い。というか天井が低い。

久々に頭を気にしながら家の中を移動してました。

物も、とにかく多い。

大ダンボール1箱と洋服棚だけで事足りていたセネガルと比べると
物の多さにどうして良いかわからなくなりますね。

でも、家で保管していた商品の数々を見たら、何だか安心しました。

日本の食事

12799134_969085259846530_4064018740982853289_n

夕食はこちら、贅沢の極み。トンカツに納豆、そして生卵かけごはん・・・

ああ、うまい・・・!懐かしの味。

おかずも3品以上ある。健康的。これこそ、贅沢・・・!!

セネガルにいた時は一食一品が当たり前。
一つの唐揚げを二人で分けて食べるなんて苦行もしばしば。

食っていうのは単なる栄養摂取だけじゃなくて、
楽しむ物なんだって事を思い出しました。

仕事環境

s-PC042280

ネットですが、サクサクです。体感でセネガルより1.5~2倍はあります。

仕事も普段より多く進んだ気がします

そして何より素晴らしいのが、時差の無さ!!!!!!!
(セネガルと日本の時差は9時間)

お客さんから電話がかかってきたら、すぐに出られる。(セネガルだと寝てる)

企業に問い合わせたい事があったら、すぐに電話できる。(セネガルだと深夜か早朝に掛ける)

中国にいるパートナーさん(活動時間が夕方まで)と1日掛けてやり取りが出来る。
セネガルだと、朝8~10時(中国16~18時)の時間に
一気に質疑応答と指示出しをしないといけないので
寝過ごすと翌日に仕事が回ってしまう恐怖がつきまとっていました。

しかし、日本だと時差1時間なので気にならない!!

朝に指示を出して少しでかけて昼過ぎに帰ってきても、まだ何時間も余裕がある!!素敵すぎる・・・!!!

正直、こんなに素晴らしい環境が整ってて結果が出てない人って何してるんだろうって思ってしまいます。

やることやって戻ります。

海外ノマド起業家生活

と、仕事するには最高な環境が整っている日本ですが、
こっちでやることやったらまたセネガルへ戻ります。

その頃には、和心もオープンの準備が整ってるはずなので!(というかオープンしてるかも)

僕のこの帰国は決してバケーションでは無くて、ステップアップする為に与えられたチャンスなので

ぐーたらしてる暇なんてありませんからね!!

(映画見まくるし飲み会も行くけど)

それでは!!