セネガル人と一ヶ月働いて思ったこと

こんにちは!さいとうです。

セネガル人スタッフを雇い始めて、約一ヶ月が経ちました。

外人と仕事をするという事

初めて雇ったフルタイムパートナーが外人て、
もう自分でもどうかしてるわって思います。
日本人以外の国の人と働くと、
色々な面でキビシー部分が出てきました。

英語力の低さ

僕の英語力が低いので、正確に伝えられない!
ある程度指示は出せるし相手の言っていることもわかるけど
細かい説明をしようとすると言葉が出ません。
これは僕自身がもっと勉強する必要があります。

セネガル人はパソコンにうとい

ネットサーフィンやFBなら全然できるんだけど、
全く初めてのものを触った時の理解の出来なさが顕著。
ペイントソフトの使い方を教えたんですが、
トリミングが出来るようになるまで、1時間以上かかりました。
出来るようになるまで辛抱強く教えて、
出来た時はハイタッチ!(本当にしました)

つ、疲れる・・・

考えるのが苦手?

AをするとBになるから、
CをするとDだ!
というロジカル?な考え方が非常に苦手

自分の時間がなくなった。

当初は、日本のビジネスも手伝ってもらうつもりだったんですが、
彼らは新しい事が本当に苦手なんだな!と思うくらい
何も出来ませんでした(笑)

と言うわけで、彼らが出勤中の時間は全て
セネガルビジネスに使ってもらう事になりました。
これはこれで、彼らに仕事の進め方を教えないといけません。
出勤時間は、ほぼ付きっきり。

なので僕自身の仕事は、いまのところ
休憩時間中や彼らが帰った後にやるしかありません。

自分の時間を増やそうと思ったら、
むしろ時間がなくなってしまいました・・・とうオチでした。

セネガル人の良いところ

もちろん、悪い部分ばかりではありません。

どんどん提案する。

僕が思いつかなかったり、一人じゃ絶対しないような提案を
どんどん出してくれます。日本では考えられないような事でも
それがセネガルの常識なのか・・・と驚かされる事は日常茶飯事。
これはこれで彼らの提案に乗ってみようと思います。

営業が見つかった

彼らにとって、営業はそれほど苦では無いようです。
もともと話すのが好きな人達なので。

逆に僕は苦手な部分なので、
積極的に買って出てくれるのはありがたい!

物事が早く進む

やっぱりセネガルの事は
セネガル人に任せるのが一番。

必要なものや知りたいことがあれば、
相談すると答えがすぐに見つかります。

トラブルが起きたときも安心です。

先日なんて、ネットの契約に2時間以上待たないと行けないところを
近くのスタッフを捕まえて、その場で契約しちゃう、
なんて荒業も披露してくれました。

フルタイムで雇う事のプレッシャー

彼らは、同じオフィス内でフルタイムで働いてもらっています。
まさに会社と同じ雇用形態。今まで外注経験は無数にありますが、
一緒に働くのは初めての経験です。

しかも、彼らにとってはこの給料が生活費になります。

なので、僕としても彼らを養うために
中途半端な事は出来ないというプレッシャーがあります。
最初は「セネガルでのビジネスはちょっとやってみてダメならすぐ止めよう」と思っていましたが
今では「なんとかして成功させて、彼らに十分な給料を与えたい」というのが目標です。

セネガルは、まだまだ人と人との繋がりが重要なので
ほとんどメールと電話で済ましてしまう今の日本と比べると
不便な部分も多いけど、古き良き時代を思い出させてくれます。

とにかく、今までとは全く違う環境に戸惑いながらも
どうすれば彼らをうまく活かせるかを考えるのも楽しいです。

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

【インターン生、募集中!】

intern-blog

↑詳しくはコチラ↑

オフィスが決定!セネガル一人暮らしスタート

こんにちは!

さいとうです。

パートナーができ、オフィスが必要になってきました。
というわけで、新しい家探しです。

セネガルで物件を探す方法として

  1. ネットで探す
  2. 歩いて探す
  3. エージェント(代理店)に探してもらう

という方法があります。この辺は日本とそこまで変わりません。

ただ、日本と比べると、ネット上での情報が少なすぎます。
部屋数、大体の場所しかわかりません。

もちろん坪数とか無いし、画像も少なすぎます。
(意味不明に天井の写真しか載っていない事も・・・)

というわけで、基本的にオフラインで
どうにかしないといけないのが現状。

物件を探そう

オフィス01
セネガルエーの山田さん紹介のキレイな新築物件

ただ、自分の足で探して回るのはめちゃくちゃしんどい。
それはこっちに住んでいる日本人達が実証済みなので
これはもう人に頼むことにしました。

今回の条件

  • 上限予算あり
  • 部屋数は2部屋以上
  • 和心(今住んでいる日本食レストラン)から徒歩圏内
  • 人に説明しやすい場所
  • ネットが繋がりやすい
  • 比較的キレイ

SénégÀLouerと言う、日本人の山田さんが経営している不動産屋に依頼したり、
パートナーのセネガル人に条件を伝え、探してもらいました。

条件を広げるほど物件数は増えますが、
見る数は増えるので優柔不断な僕にはマイナス。

というわけで結構絞った条件で探してもらいました。

物件が決定!!

新オフィス
新オフィス!

屋上からの景色
屋上からの景色も絶景

探し初めて約一週間、3件目にして
条件にマッチした物件を発見!
即決しました。

良い物件ほど、秒殺で借りられてしまいます。
ですので良いと思ったら一週間以内には
返事を出しましょう。

今回は早く借りたかったというのと
本当に条件にピッタリだったので即決しました。

因みに今回はパートナー→知人のエージェント→オーナーとの契約でした。
契約時の条件は下記の通り。参考までに。

  • 一年契約(途中解約の場合は、次の人を探す必要あり)
  • 前金3ヶ月(敷金一ヶ月+家賃2ヶ月分)
  • エージェントには礼金として家賃の一ヶ月分(最終的にはここから値引きしてもらいました)

日本の感覚とさほど変わらないイメージ

この物件の大きな欠点

しかし、ここにはとてつもなく重大な欠点があります。

それは・・・

 

扉の無い扉
ドアが無い!

という事。ここはベランダに通じる扉です。
扉が無いって結構ヤバくないっすか・・・?

玄関の上部
玄関の上部。柵が無いのでよじ登って入ってこれます。

10月半ばに完成予定だったのを、無理言って9月下旬から
住むことにしてもらったので、セキュリティ面が最悪です。

とりあえず扉が全て完成するまでは気が休まりませんね・・・

でも、そのおかげでビジネス自体のスタートは早く切れたので、
ここは凄く大きかったと思います。

10月中旬まで待ってから動いていたと考えると・・・ゾっとします。

それでは!!

【インターン生、募集中!】

intern-blog

↑詳しくはコチラ↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^