短髪でもエクステ使ってドレッドヘアーに

こんにちは!斉藤です。

伸びてきました

ちょっと髪が伸びてきました。

いままでは近所の床屋へ言って坊主にしてもらっていたんですが
もう坊主にも飽きてしまったので、新しい髪型に。

 

ドレッドヘアーsample
画像元:http://www.gratisography.com/

そう、ドレッドヘアーです!

え、短髪でもできるの!?

と思っていましたが、できちゃいます。

セネガル人はエクステを使う事が多く
激安(2000cfaくらい)で買えちゃいます。

今回はコレを使って、なんちゃってドレッドに挑戦です!

ドレッドヘアーの種類

ドレッドと言っても種類があるらしい。
(日本での用語とは異なる場合があります)

ラスタ

dread01

セネガル人いわく、これはラスタというらしいです。
いわゆる編込みな感じでしょうか。
髪の毛同士を編み込んで、位置を固定させます。
ここで模様を作ることもできて、めちゃくちゃカッコイイです。

これは、解かない限り他の髪型にはなりません。

日本ではイケイケの兄ちゃんとかもやってるのを見かけますが
セネガルでは主に女性向けの髪型らしいです。

ラスタ2

ラスタ2

これをなんと呼ぶかイマイチわからなかったので、
とりあえずラスタ2と呼びます。

位置が固定されていないので、色々遊べます。
ラスタよりも一本一本が細めですね。

これこそ女性向け感が強いです。

ドレッド

Bob Marley in Concert at the Fox Theater in Atlanta - November 12, 1979
画像元:http://www.shauntmax30.com/group/bob-marley/

ボブ・マーリーとかジャック・スパロウの髪型。
これがドレッドのようです。

初めに非常に細かいロッドを使ってアフロヘアにします。その後に編みこんでパーマをかけていきます。このヘアスタイルは長く時間がかかるので、美容院では1日目にアフロをかけて、2日目に編みこむような形で行う事がほとんどでしょう。 引用:頭美人-http://www.atama-bijin.jp/hair_care/basis/beauty_hair/dreadlocks/

僕はこの髪型を見るとヘビ花火を思い出してしまうので
なんかカッコよさがわからないんですが
世界的にメンズにはこれが人気です。

現地サロンでお願い

子連れスタイリスト
子連れスタイリスト

今回は近所にある女性向けヘアサロンにお願いしました。

編み込み開始
編み込み開始

こんな感じで、地毛とエクステを丁寧に編み込んでいきます。

イテテ・・・と思いましたが、中止するほどではありません。
(当日の夜はちょっと痛みがあってイライラしましたが。)

あとちょっと
あとちょっと

僕の場合、セネガル人とは真反対の直毛なので、
編みきれなかった髪の毛がピョンピョンはねてしまいます。

そこをワックスを塗って固定。

仕上げにコテを使ってギューっと固めます。

そして終了するまで、1時間30分ほどでした。(早い!)

編み込み終了!!

完成!
完成!

できました!

ビフォー&アフター
ビフォー&アフター

かなりのイメチェンです!

女子学生

一緒に行った学生の女の子は
ホワイトのエクステを使ってこんな感じに!

これでもろもろ込みで10000cfa以下!

日本の10分の1のお値段です。

いざやってみると時間も掛からないし
そんなに痛くもないので、
セネガルに来た際は、是非お試しあれ!

後日談。ドレッドは洗っちゃいけない?

良く、「ドレッドは洗えないから痒いし汚い」という話を聞きます。

そんなん都市伝説でしょ!

なんて思っていました。

確かに2,3日頭を洗わなくても
意外と臭くも痒くもなりませんでした。

が、しかし!
3日目の夜にちょっと水を付ける程度で洗ってみた所
翌日には色々な部分が解けてしまっていました。

これはアカン!
これはアカン!

ドライヤーが使えないので、しっかり乾かすことが出来ていませんでした。
それに直毛+エクステというのも原因だと思います。

その日の内に再度ヘアサロンへ行き
今度は強めのワックスを付けて固定してもらいました。

だけど、これが行けなかった・・・

もともと皮膚が強くない僕。
そのワックスが皮膚に付いた事で
焼けるような痛みと痒みが・・・!

痒すぎで寝れない!そして掻きむしる!

あまりにも耐えられなかったので、
朝5時、飛び起きてエクステを毟り取りました。

エクステの残骸
エクステの残骸

そんなわけで、僕のドレッド生活は4日で終了。

と、同時に、髪を縛られていた事からの開放感が半端なかったです。

次回は地毛で挑戦したいと思います。

それでは!!

おばちゃんはベナン人でした
おばちゃんはセネ人ではなくベナン人でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

アフリカで日本人が結婚式をするとこうなる-後編-

こんにちは!斉藤です。

先日は、結婚式までの準備についてご紹介しました。

アフリカで日本人が結婚式をするとこうなる-前編-

数か国で結婚式を挙げるという
ぶっとんだ新婚夫婦の結婚式。

今回は、結婚式当日の模様をお届けします!

最初の国にセネガルを選んでくれたので
ここは気合を入れないといけませんな!

8:00 羊の屠殺式

羊

当日は朝8時に起床。

ここでまずは、本日のメインディッシュとなる羊の屠殺式が始まります。

といっても厳粛なものではなく、外でサッと締めます。

セネガル人は子供の頃から羊の扱いには慣れているので
手際も非常に良い!

血がドバッと吹き出るような事も無いのでグロテスクさは少なく、
ただただ、これからの食事のありがたみを感じる事ができます。

後はしばらく放置して血抜きをして、捌き始めます。

屠殺現場

屠殺を見守る旅行者たち

ゲストハウスに泊まっている人たちも
こぞって見に来ましたが、やっぱり衝撃的なので
ちょっと遠くから行く末を見守っています。

裁くときの詳しい様子は、下記ブログでご覧いただけます。

アフリカのタバスキ旅 ~羊を丸ごと食べてみる~ その3

9:00 朝食

焼き立てパン

セネガルでは朝はパンに惣菜を挟んで食べるのが主流

その辺でおばちゃんが屋台を出しています!

惣菜はチョコレート、ゆで卵、スパゲッティ、マカロニ
豆を煮たもの、玉ねぎソース、ツナなどなど
豊富に用意されています。

フランスパンを軽くした感じのバゲットなんですが、
その日の内に焼いたものだけを使います。
これがもう日本の朝の食パンとは比べ物にならないほど美味しい!
(因みに焼きたてのパンは更に段違いに美味い。)

セネガル人は、これと一緒に砂糖をたっぷり入れた
激甘コーヒーを飲むのがたしなみ。

惣菜やさん
近所の惣菜やさん

夫婦の二人は2,3品を一気に挟むという贅沢な合せ技!
それでも100円しないのでお安いです。

10:00 市場散歩

市場

時間キツキツの過密スケジュールの中

突然「お土産を買いに市場へ行きたい!」

という要望が。よし、行きましょう!!

市場の様子1
新郎さんはユニフォーム探し

新婦さんはアフリカ布
新婦さんはアフリカ布

現地のお水(袋入り)
現地のお水(袋入り)

市場には食材だけでなく、雑貨や服なんかも揃っています。

布や食品なら、お土産としても丁度良いものがあるので
要望を聞きながら案内しました。
限られた時間の中ではいい感じに回れたかと・・・!

11:00 モニュメントで記念撮影

Wikipedia調べ
Wikipedia調べ

さあ、結婚式スタートまで時間が迫って来ました。

あとは宿に戻って準備・・・と思ったら

モニュメントで記念撮影を撮りたい!」

な、なんだ・・・と・・・?

 

よ、よし、やりましょう・・・!!

という事で急いで宿へ帰り衣装に着替え
タクシーでモニュメントまで向かいました。

時間があれば一番上まで登って
ダカールを一望できる景色を眺めてほしかったんですが
今回の目標は結婚式!怒涛の勢いで写真撮影!

モニュメントで撮影

良い写真が撮れました!
もちろん夫婦だけの写真もバッチリ。

近くにいた若者のセネガル人に撮影を頼んだら
近くにいたおっちゃんが物凄く指示出ししてて
もうおっちゃん撮ったらええやん!と思いながら
僅か10分程度の観光地滞在でした。

因みに一緒に写っている女性は、
サプライズで日本からやって来た
新婦さんの親友です。こちらもぶっ飛んでますな!

12:00 結婚式開始!

ついに結婚式がスタート!

この日のために、事前に結婚式の衣装を、
セネガル人の職人に依頼していました。

今回のイメージとして見せた写真
今回のイメージとして見せた写真
本日の新婚さん
こちらで作った民族衣装をまとった二人

なかなか再現性高いですね!

柄は手作業な部分がほとんどなので、
結構時間がかかっていると思います。

手直しする時間も無いので、ぶっつけ本番でしたが
とりあえず「着れない!」というトラブルにはならなかったので一安心。
(セネガルでは採寸通りに出来上がらない事が日常です)

宿の外にテントを貼り、イスを並べ、
ジャンベの演奏がスタート!

近所の子供たちも集まってきました!
セネガル人はダンスのセンスがありまくるので
みんな即興で踊れるんです。

即興ダンス!
即興ダンス!

ダンサーさんが新郎新婦を呼んで
振り付けを教えてくれました。

15:00 食事の時間

ヤーサとチェプ
ヤーサとチェプの準備

予定より一時間遅れて、食事の用意ができました!

セネガル料理は一気に沢山作れる仕様になっています。

もちろん作るのも大変で、今回は6時間ほどかかりました。

朝の羊
朝の羊は既にこの中に・・・

1プレート5人~10人前。
みんなで一つのプレートを囲ってスプーンで食べます。
味は日本人好み。安定の美味しさ!!

しかも今日は何と言っても新鮮な羊が入っていますからね。
柔らかい!うまい!体にも良い!

子供たち
子供たちもがっつき中

料理は周りの住民たちにも振る舞います。

この辺はどっちでも良いんですが、
おめでたい事はみんなで祝う、分け合うのがセネガル流。

というかそうでもしないと余るくらい作りました!

17:00 無事終了!

子供たちも踊りだす
子供たちも踊りだす

途中、食事が遅れたり、テントトラブルがあったりと問題はありましたが
大事になるような事は起きず、無事終了しました!

新郎新婦も楽しんでくれたようで良かったです。

かくいう僕も、準備は大変でしたが経験値が付いたし
当日もめいっぱい楽しめました!

周りのセネガル人達もとても協力的だったので
次からもやりやすそうです!

この後、新郎新婦は各国での結婚式を終え
日本へ帰っていきました。

ふたりとも、本当に結婚おめでとう!!

全員で集合写真
全員で集合写真

「私もセネガルで結婚式を挙げてみたい!」
という方は、お問合わせからご連絡ください!

とにかく忘れられない結婚式をお手伝いさせて頂きます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^