セネガルの格安ジムで筋肉をつくろう

こんにちは!斉藤です。

本日は、僕が日頃通っている、セネガルの
ザ・現地感溢れるスポーツジムを紹介します。

セネガルでも筋トレは盛んで、
スポーツジム探しで困ることはありません。

価格もピンキリで、300cfa(約60円)の所もあれば、
5000cfa(約1000円)の所もあります。

もちろん価格に比例してクオリティも雲泥の差があります。

現地感溢れるスポーツジム

今回は、ガラクタ置き場とも称される現地ジム。

gym01-1
歩いて10分ほどの場所にあるスポーツジム。

ワカムという地域のアセックナというブロックにあるジム。

いかにもアスリートが集まってそうな空気が
外観からも感じ取れます。

gym01
メッセージ性がダイレクトに伝わる絵

それにしてもこのへたくそ感のある絵、どこかで見たな・・・と思ったら

gym02
これだ

進撃の巨人だ。
こんなところで2m級巨人を拝めるとは思っていませんでした。

gym03
中はこんな感じ

gym04

gym05

利用料金は一回300cfa。
マンスリー(一ヶ月)会員もありましたが、確か価格設定が微妙で
20日以上行かないと元が取れなかったと思います。

利益目的というよりは、地元の筋肉好きが集まる場所として
運営されているイメージです。

 

このジムで必要な能力は2つ。

一つは「使えるものと使えない物を見分ける力」

もう一つは「使えない物をどう使って鍛えるかの発想力」

です。

鉄アレイなんかは重量がわかりません。
「軽い」「重い」「超重い」

の、3種類くらいしか無いです。

イメージ力が大事なんです。

なので筋トレ初心者は、必ず付き添いを付けるようにしましょう。

gym06
普段は5,6人位のセネガル人がいます
gym07
発想力を駆使した筋トレの一つ
gym09
この日は、ゲストハウスのお客さんと来ました。

セネガルにくる長期旅行者あるあるの一つに、
ゲストハウスに泊まると、何故かジム通いが習慣になる
というものがあります。

今まで特に運動してこなかった人に現れる傾向があります。

それくらい、やってみるとハマっちゃうものです。

gym10
ジムのオーナー。腕がヤバイ
gym11
強烈コピー「NO PAIN , NO GAIN」(痛み無くして筋肉無し)
gym12
優しいオーナーです

フレンドリーなジムです。

日本のスポーツジムでガチムチが多い場所なんかは、
結構殺伐としている所もあります。
セネガルでも富裕層向けジムは黙々と筋トレしている人が多いですが
このジムは皆気さくで良い奴ばかり。
基本何言ってるか分かりませんが、楽しそうにワイワイやってます。

セネガルに来た際は、是非斉藤までお声がけ下さい。

一緒に筋トレしましょう

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

アフリカECサイトjumiaが偽物の販売を禁止

こんにちは!

斉藤です。

アフリカのアマゾン的なECショップjumiaが、一部商品の偽物の販売を禁止しました。

禁止商品について

先日、jumiaスタッフから出品者へ向けて、こんなメールが届きました。

Cher vendeur,

Dans le but de devenir le site incontournable de Shopping en ligne au Sénégal et afin d’améliorer
l’expérience client en proposant des produits de grande qualité, Jumia décide de ne plusproposer
de produits Dubai ou Chinois sur sa plateforme.

グーグル先生に聞いてみると
「Jumiaは、高品質商品をお客様へ提供するため。中国製品やドバイ製品の出品を禁止します」
という事でした。

担当者に確認してみたところ、ここで言う中国製品とは、
made in china全商品を指すのでは無く、本物を似せて作った物の事を言います。
iPON(アイフォンのパクリ)とかPOMA(プーマのパクリ)とかです。

また、ドバイ製品というくくりが、セネガルにはあります。

ドバイ製品
有名ブランドスマホに「dubai」と記載されている格安品

これは、外観は本物と同じなのに中身が違うものを指します。

本物と思って買ったら、中身が全然違う!
みたいなものはクレームに繋がるため、NG。

例えばスマホ(iPhone)とか、ブランド物の香水とか。

正直セネガルにはそういう商品がゴロゴロあります。
国が規制していない(暗黙の了解)中で、
このような規制をする事で、ショップの信頼アップに繋がりますね。

これを気に、蔓延っていた違法ショッパーが
一掃されてくれる事を祈ります。

ちなみに、勝手に某キャラクターを使ったモバイルバッテリーとか
某高級車のロゴが刻印されたUSBメモリとかは、
性能には関係しないので、出品しても良いとの事(いや駄目でしょ)

セラーセントラル画面
出品情報入力画面

このように、一部カテゴリーに関しては
「ブランド品のレプリカは、それと分かるように記載すればOK」
な部分も残っています。

まあこれもいずれは規制されて行くと
思うので、危ない橋は渡らないのが
ビジネスを長く継続していく秘訣だと思います。

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

アフリカのアマゾンと呼ばれるECサイト「Jumia」とは

こんにちは!さいとうです。

今回、僕がセネガルでビジネスを起こすにあたり
販路の一つとして力を入れているECサイトがあります。

それが「JUMIA」です。

アフリカのアマゾン(ややこしい)と言われており、
確実に成長してきているECサイトです。

僕は2016年の10月から本格的に参入し始めました。
この3ヶ月半で感じたJumiaの特徴を紹介していきます。

ナイジェリアから始まったECサイト「JUMIA」

需要に対して供給が少なく、買い物が出来る場所も決して多くは無かったナイジェリア。

インターネットでのショッピングサービスも一般的どころが詐欺の巣窟だった中
アフリカ事情を考慮して立ち上げられたのがJumiaでした。

ネットショッピングに様々な問題を抱えるアフリカで、
ここまで信頼あるサービスまで持ち上げたJumiaの特徴は何だったのでしょうか

洗礼されたサイトデザイン

jumia001

https://www.jumia.sn/
※こちらはJumia.senegalのリンクです。

どことなくアマゾンを彷彿させるサイトデザイン。
頻繁に更新されるキャンペーンバナーもしっかりしています。

ユーザビリティも意識して作り込まれており、
欲しい商品が見つけやすくなっています。

日本ではそんなの当たり前、と思うかもしれませんが
アフリカ人(少なくともセネガル)の多くは
サイトのデザインセンスなんて持ち合わせていません。

http://www.expat-dakar.com/

参考に・・・このサイトは、セネガルでも断トツで有名なサイト。
ヤフオクのように、個人間での商品売買サイトです。

僕ら日本人から見たら、「うわ、スパムサイト踏んだ!」と思うくらい
怪しさが醸し出されています。

因みに、出品者側も超適当。

電話したら「あ、それもう売れちゃってるわ」っていう人もいるし
「アパート貸します」とか言ってるのに何故か天井の写真しか載せてない人もいます。

これと比べると、いかにJumiaが現地臭を払拭しているかがわかりますね。

しっかりした電話、メールサポート

jumia002

ネットショッピングに慣れていない人が多いので
そもそも注文の仕方すら分からん、て人も沢山います。

その人たちの為に、電話、メールスタッフが常駐しています。

最近でも、Jumiaスタッフから、購入者の代わりに
問い合わせが来ることもありますね。

代引き支払いを採用

jumia003

Jumiaの飛躍の一番のポイントはこれだと思います。

アフリカではクレジットカードは一般的ではありません。
日本でもそうですが、銀行口座と、安定した収入、一定上の所得などで
審査がされ、OKが出た人だけがクレカを持てます。

それにスキミング被害などもあるので、
ネットショップでクレジットカードを使って決済する人は
圧倒的に少ないです。

そこで、Jumiaでは代引支払いを全面的に採用しています。

デリバリースタッフが商品を届けた際に、
金額を支払います。

これで、購入者も「お金を払ったけど商品が届かなかった」という心配がありません。

因みに日本アマゾンでも代引利用者は健在で、
感覚的に僕のアマゾン顧客も2,3割は代引を使用しているので
古き支払い方法、とバカには出来ません。

専属のデリバリースタッフ ※セネガルを除く

jumia004

jumiaには、専属のデリバリースタッフがいます。

それにより、注文後すぐの出荷が可能ですし、
代引でもらったお金を持ってトンズラする、
という心配もありません。

因みにセネガルでは専用スタッフはまだ不在で
現地の配達業者と契約して、代理配送しています。

あるいは、出品者が自分で配達する場合もあります。

到着までが早い!

jumia005

地域によりますが、ナイジェリアの場合は
ラゴスだと1日で配達。他の地域でも2~5日で届けられます。

下手したらアマゾンよりも早いです。
この辺は結構徹底されていますね。

因みに僕のセネガル店舗の場合は、当日配送も受けています!

アマゾンプライムよりも早いです。

この辺は結構アナログなんですが、
注文が入ったらお客さんに電話をして、
いつ届けて欲しいかを聞いて、
その時間に待ち合わせ場所で商品を渡します。

商品の使い方がわからなければ、
僕らが直接配達して使い方を説明したり
オフィスまで来てもらいます。

このへんは日本ではありえないくらい
手厚いサービスです。

これからも成長していくECサイト

確実に、アフリカでの認知度は上がってきています。

少なくとも僕のいるセネガルでは、去年末から販売数が増えてきました。

プロモーションもしょっちゅうしていますし、
メルマガも頻繁に届きます。

とにかく「やる気!」が感じられます!

これからの成長が楽しみです。

日本人が参入できるのか?

jumia007

既にネット物販を行っている方は、気になるところだと思います。

10年位前、米国アマゾンの商品を輸入して日本アマゾンで販売するだけで
アホみたいに稼げる、という時代がありました。

Jumiaも、10年前のアマゾンの到来か!?

と思いましたが、
そんな事は微塵もありませんでした。

大きな違いは

先進国から先進国

ではなく

先進国から発展途上国

だからです。

こうなると今まで培ってきたノウハウは見事に使い物になりませんでした。

もう、本当自分のセンスで仕入れるしか無い状態です。

ただ、本当のこれこそバイヤーって感じなので
これはこれで好きです。

とは言っても日本人が最低一人はセネガルにいないと運営が確実に回らないので、
僕が帰国する夏から、代わりに常駐してくれる方がいれば是非声かけて下さい。

最初の数ヶ月はお給料は出せませんが、住む場所は提供いたします。

セネガルに住んでみたかったという方は良い機会になると思います!

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

セネガルの卸市場、コロバン

こんにちは!さいとうです。

今回は、セネガルで進行中の小売ビジネスのお話。

セネガル人のバイト君が、積極的に

「こういう商品を仕入れたら売れるよ!」

「セネガルで見たこと無いから、きっと10,000cfaで売れるよ!」

と、色々提案してくれます。

ただ、実際調べて見ると
既にセネガルで売ってて、
しかも5,000cfaで買えちゃう物ばかり。

これ、もしそのままのテンションで仕入れてたら
飛んでもない事になってましたね。

僕もバイト君も、
まずはセネガルにどんなものが出回っているのか
知る必要があります。

ということで、卸市場に行ってみることにしました。

卸市場、コロバン。

colobane

僕らが住んでいるワカムを南下して、都心部よりも少し手前の位置に
路面店でごった返しているコロバンという場所があります。

靴や洋服の中古がゴミのように積んであったり、
何年前から売れてないのか分からないくらいホコリを被った家電など
とにかく色んなものが格安で売られています。

都心部の小売店オーナーは、ここで仕入れて
自分のお店で販売する人も多いようです。

商品の品質

coloban03
日本にあっても違和感の無いパッケージ

路上でガラクタ同然に売られているものもありますが
店舗に入ってしまえば、意外としっかりしたパッケージに入っているものが多いです。

日本では、パッケージも商品の一つと考えられ
箱が破れてるもんなら即返品という冷徹無比な人が多いですが
セネガルでは全然気にしないので、そこはありがたいところ。
(その代わり極安な価格を求められますが)

商品自体も機能だけを求められ
品質はそこまで意識されない感じ。

スピーカーを例で言うと、

有線か、Bluetooth対応かは気にするけど
モノラルか、ステレオか、サラウンドかは
気にしない。

って感じ。

こうなると、高品質高価格の日本製品を売るのが
いかに大変なことか分かると思います。
まあ僕が売っているのは日本ブランドではありませんが・・・

値引きが半端ない

coloban02
日本では見たことないスマホのケースばかり

コロバンが卸市場として君臨している理由の一つとして
圧倒的な卸価格があります。

1個だとまあ一般価格ですが、複数個になった途端
大幅値引きが狙えるものもあります。

1個買うと2000cfaの商品が、10個買うと1000cfa!みたいな。

SDカードとかは壊れると泣けるので購入はおすすめしませんが
無くなりやすい充電ケーブル、イヤホンなんかは
ここでまとめ買いしちゃうのもありかもしれません。

商品バラエティ

coloban04
ゲームも売ってるし、その向こうでは洋服が地面に直置き

端から端まで見て回って思ったのが
どこのお店も同じものを扱っているという事。

あれ、この商品さっき見たぞ、
というのがめちゃくちゃあります。

なのでコロバンという場所は大きいですが、
商品数で言うと、そんなに多くないのかもしれません。

卸市場視察を終えて

ここで色々仕入れられれば楽だなーと思っていたんですが
セネガル人と価格勝負をして勝てる気がしないので
(利益数100cfaとかでも平気で売るので)
逆に、ここに売っていない商品を扱っていこうと決めました。

正直、コロバンで買い物をするセネガル人は
ザ、現地の人だと思います。

僕のオフィスに訪れるお客さん(セネガル人)は
みんな、小洒落た格好で清潔感もあります。

そういった人たちの心に刺さる商品に絞ればいいな、と。

何はともあれ、扱いを避けるべき商品が分かったのは大きな収穫でした。

年末から急に販売数も増えてきたので、
スピードを落とさず行きたいと思います。

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

2016年の振り返りと2017年の抱負

こんにちは!

斉藤です。

新年あけましておめでとうございます。

ついに2017年になりました。
(もう5日ですが)

定番ですが、ざっくり去年を振り返りつつ
今年の目標を・・・

2016年の抱負と結果

去年も、2日に抱負を書いていました。

2016年 今年の抱負
http://senegaltaizaiki.com/2016/01/02/2016houhu/

法人化する

これは序盤の方でスムーズに達成しました。
手続きするだけですからね。

法人化することで、卸交渉だったり融資の交渉が
しやすくなった気がします。

月収200万円の達成 / 月収100万円の安定

全然ダメでした笑

2016年序盤は順調に月収100万を達成していたんですが、
見る見るうちに低下していきました。

2015年はリサーチにも力を入れていたので
爆発的に売れる商品を見つける事があったんですが
2016年はそれをがっつりサボタージュ。

新しい商品を見つけるよりも、
新しい販路を見つける方に興味が出てしまい
時間を使いすぎた結果、売上はガタ落ちでしたね

セネガルで月収30万円を得る

これも全然ダメでした。そんなに甘くないですね。

ただ、最近やっと売れ筋商品を作る事ができてきました。
こういうのを月1で見つけられれば、軌道に乗っていきそう。

来年(2017年)の居住地を考える

一時帰国した時に数か所回りましたが、
まだ全然決まっていません。
今からゆっくり考えるとします。

2016年の変化

自分の中で2016年どんなものだったかを振り返ります。

色んなスクールに入ってみた。

一昨年まではamazon一本で食ってたようなものなので
何とか他の柱を見つけようと、スクールに入ったり
教材を買ったりしました。

ただ、色んなものに手を出すのは良くないですねー。
お陰で全部中途半端になり、結果、売上も落ちちゃいました。

でもこれはこれで、自分にとって向き不向きがあるのは分かったので
今のうちに知っておけて良かったです。

それに、その中で一つだけ大きな出会いというか収穫があったので
今年はそれに力を入れていきたいと思っています。

やる事自体は、今までと同じく、海外から仕入れて日本で売る

物販は僕にとっての天職だと思っているので、
ここはブレずにやって行きます。今からめっちゃ楽しみ。

セネガルビジネスが急加速した

昨年末にセネガルバイト君を雇い始めました。
これにより、セネガルでのビジネスをやらざるを得ない状況になり
仕入れも増やし、出品もガンガンしていきました。

最初の2ヶ月は日本とセネガルの顧客の価値観のあまりの違いに
どうあがいても絶望な勢いでしたが、
最近はセネガルのECサイトの担当者も協力してくれて
売上も伸びてくるようになりました。

現時点でトップセラー10位内に食い込んでます。

セネガルバイト君もとても頑張ってくれています。
最初の頃に比べて圧倒的に成長して来ましたね。

普段の給料に加え、時間外手当も渡しているので
彼にとっても結構良い収入になってるんじゃないかな・・・

一人暮らしを始めた。

セネガルビジネスを始めるにあたり、
オフィスが必要になったので、
オフィス兼住まいとして、アパートを借りました。

今まではレストランの手伝いをしながら
自分の仕事もする感じだったので
メリハリがありませんでした。

が、今では、朝から夕方まではオフィスで自分の仕事をして
夕方から夜までレストランに手伝いに行く生活を送っています。

こっちの方が個人的にしっくり来てますね。

レストランが開業した

ついに、セネガルに来た一番の目的である
日本食レストラン「和心」がオープンしました。(プレオープンですが)

ここに来るまでに1年半・・・下手したら
僕が帰国するまでに開業できない疑惑もありましたが
何とかプレオープンという形までこぎつけられたので一安心。

同時経営しているゲストハウスも日本人で溢れて繁盛しています。
異業種交流会でも学校でもなく、こんなに多種多様な人たちと
気軽に話せる環境ってそうそうないので新鮮です。

2017年の抱負

今年の抱負です。
今年はシンプルに2つだけ!!

独自ネットショップだけで食っていく!!

コレ!これです!!

もちろん他の仕入れや販路も続けますが、
独自ネットショップだけで食っていけるくらいの収入を得られるようにします!

今入っているスクールのメンターの方からアドバイスをもらい
今まで扱ったことの無かった商品にチャレンジすることになりました。

結構リスクもあるし周りで手を出している人を聞いたことが無いですが
個人的にも好きなものなのでこれはテンションあがります。

もう単純転売とは言わせない!

商品選びもデザインもショップ構築もバナー作成も
広告もブログもコンテンツもイベント企画も

やることは沢山ありますが、やり甲斐しか感じません。

現生活&新生活を楽しむ!!

セネガル滞在はあと半年。
今のうちに目一杯セネガルを堪能しておきたいです。

正直セネガル中心部から出たことなんて、2回だけですからね。
1,2泊くらいで、少し遠出してみたいなーと思ってます。

帰国したらまず何をするか全く決めていませんが
それもまるっと含めて楽しんでいこうと思います!

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^