やっぱり注意。セネガルで引ったくり未遂と予防策

こんにちは!斉藤です。

昨日、ダカール市内を歩いていたら、黒人にストーキングされました。
(セネガル人か分からないので、黒人としています)

セネガルに来て半年、
緩みかけていた意識を引き締めなおそうと思う出来事だったので
ちょっと長いですが、書いていきます。

ストーキングされました。

sandaga

サンダガという、人の密集が多い市場がダカールの中心部にあります。

そこを一人で歩いていた時の事、見た目は普通の若者ですが
何となく怪しかったので、注意していた所
ずっと僕の後ろを付いてきます。

立ち止まれば立ち止まるし、反対方向に歩いても付いてくる。
これをジグザグに3往復ほどしてみましたが(ヒマだな)
どうやっても付いてくる。明らかにおかしい!!

こっちが睨んでも気にせず付いてくるので、
止める気は無さそう。

ラチがあかないので、こっちから話しかけました。

僕「いいかげんにしろ!お前、何でさっきから後つけてくるんだ!」

黒「お前こそ、何で俺の後つけてくるんだ!」(←こんな回答して来た時点で、僕の勘違いの可能性は無くなりました)

僕「お前はどっち行くんだ。僕はお前と逆の方向に行く」

黒「俺は俺の行きたい方向に行く!」

僕「じゃあ僕はこっちに行くから、お前はあっちに行け!」

と言って左に向かおうとしたら、黒人も左に来ようとしたので、
すかさず僕も反対方向に向きなおして早歩き。

それでも黒人が付いてくるので、
周りの人に聞こえる用に大声で「向こう行け!」と
ギャーギャー叫んでたらどっか行きました。

 

怪しいと思うきっかけ。

普段から、こんな時は「怪しい」と思うようにしています。

・すれ違い時に目が合う

・やけに自分に近い位置にいる

・後ろを振り向いた時、一瞬歩く速度が遅くなる

怪しいと思った次のアクション。

・すれ違いざまに目が会った場合は、数十秒後に振り返ってみる
(方向転換してこっちに歩いていたら、めちゃくちゃ怪しいです)

・突然立ち止まってみる。

・反対車線に移動してみる。

・バッグのチャック部分に手を当ててしばらく歩く
(警戒してるぞ、のサイン)

 

怪しい度が70%以上になったら

上記のアクションをしても状況が変わらなかったら
自分の勘違いだとしても、
まずは、下記のように動きましょう。(下に行くほど安全)

・人通りが多い所に行く。

・ちょっと高級なカフェやセキュリティの厳重な場所に入ってしばらく様子をみる。

・タクシーに乗って5~10分移動する。

注意!

この時にケータイやお金を取り出そうとするのは止めましょう。

まずは安全な場所に移動するのが最優先です。

また、実際に引ったくりやスリ被害に会ってしまった場合は、
出来るだけ自分で捕まえようとせず、
叫んで周りの人達の力を借りましょう

こういう時のセネガル人は本当に頼りになります

状況を見て、正しい行動をしよう

今回の僕の直接対決のケースは無事でしたが、
人通りが少ない路地だったり、仲間が多数いそうな状況の時は、
僕のようなやり方は危険です。

その時の自分の状況を踏まえながら、出来るだけ安全な方法で対処して下さい。

「ずっとそんなに神経使ってたら疲れない?」

と、思うかもしれません。
でもそこはやはり海外なので、ある程度の緊張感は常に持っておくべきです。
それに、慣れれば、ほぼ無意識で出来るようになりますよ。

僕の周りの日本人は、ほぼ全員、スリや引ったくりなどの被害に合っています。

人も治安も良いと評判のセネガルですが、
あくまでも海外であるという意識は、常に持っておきましょう。

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^