セネガルで不法滞在

こんにちは!

さいとうです。

僕はセネガルで、

永住権(的なもの)を持っていました。

ざっくり説明すると、

ある規定の条件を全て満たしたあと、

約6万円を担保金として支払うことで、

レシピセ(外国人登録証)が貰えるんです。

これが長期滞在ビザの代わりをしてくれます。

で、ですね。

日本に帰国する時に登録証を返却すると、

その担保金が返金されます。

そもそも

レシピセ取得が結構めんどくさいんですが、

返却も、もれなくめんどくさい。

流れとしては・・・

  1. A市にあるオフィスで用紙をもらう。
  2. B市の警察署に登録証を返却しスタンプもらう。
  3. C市にある機関でも、スタンプを押してもらう。
  4. A市のオフィスにスタンプ用紙を提出する。
  5. 一週間後にA市のオフィスに再訪問。
    約6万円分の小切手をもらう。
  6. D市にある交換所で、小切手を現金に変えてもらう。

本当ドラクエすぎる。どんだけ効率悪いねん。

で、まあ、僕もいいかげん

セネガルを後にする事になり

このレシピセを返却する必要が出てきました。

そして上記の手順を

出国ギリギリに何とか終えてたんです。

6万円て大金ですからね。

出国当日

急遽飛行機欠航により、

出発が翌日にずれるというトラブルに。

前日のうちに別れを済ませたセネガル人達と

また顔を合わすという気まずい感じになりながら

苦楽を共にした日本人の友人達とも

涙のお別れを済ませました。

事前にオンラインチェックを済まし

安心しきっていたところ、

出国カウンターで問題が発生。

出国スタッフ「セネガルにはどれくらい滞在してたんだ?」

僕「一、二年間だよ」

出国スタッフ「・・・では、長期滞在ビザを見せてくれ」

僕「レシピセはもう返却したので、持ってないよ」

自分で説明しながら気づく。

あ、これアカンやつや・・・

出国スタッフ「ビザなしで滞在できるのは3ヶ月までだ。長期滞在ビザを持っていないなら不法滞在。罰金を払え。」

僕「いや、持ってたんだけど帰国するから返したんだよ」

出国スタッフ「今持ってないとダメだ」

ごもっとも。いや、ほんと。

実は、こうなることは予想してました。

レシピセ返却時に確認するつもりだったんですが、

ドラクエというかスタンプラリーに気を取られ過ぎて

すっかり忘れてしまっていました。

というか

何でこんな隙だらけの仕組みになってるんだよ・・・

証拠探し

こうなったら、

説得するための何かが必要です。

せめてレシピセの写真でも撮って

スマホに保存してれば良かったんですが。

何か無いもんかと
スマホの画像を必死に探す・・・

すると、スタンプラリー中に訪れた

機関名が載ってる看板写真を発見!!

スタンプラリー用紙配布場所
スタンプラリー用紙配布場所

確実とは言えないシロモノだけど、

最終的に(しょうがねぇな)という感じで、

出国の許可をもらえました!!

いやー、何とか切り抜けた!!

本当なんなのこのシステム。

返すタイミングで3ヶ月ビザ的なものを

発行してくれないと駄目でしょ。

と思って過去写真見返してたら、

最後のステップでもらった、

小切手の写真がありました。

307,000cfa(約6万円の小切手)
307,000cfa(約6万円の小切手)

因みに右下に僕の写真がありますが

これが大本命の証拠、レシピセでした・・・

まあ、そんなワケでこれから日本・・・

ではなく、ケニアに行ってきますー!

それでは!!

セネガルに商品を卸したら痛い目みた

こんにちは!

さいとうです。

セネガル、順調に経済成長を遂げている感じはするんですが、やっぱりまだまだインターネットの普及が甘いです。オンラインのみだと、どうしても数が捌けません。

と、言うわけで、店舗に卸してみました。

今までやろうと思いながらも、無数にあるお店に押しを運ぶのは正直めんどい、という単純な理由から、先延ばしにし続けていました。

まずは肩慣らしに近所のお店に。基本的にセネガル人の経営するお店は、オーナー自身が経営しています。そこで直接、直談判。

まずは置いてもらう所から。

理想は商品を卸値で買い取って貰う事ですが、彼らもリスクを犯したくないようです。まずは商品を店頭に置き、売れたら僕らに代金を支払う。代理販売という形を取りたいとのこと。

うーん、まあしょうがないですな。

知らない物は売りたくない

色んな自慢の商品たちをオーナーに紹介しました。でも、結局置いてくれる事になったのはSDカードだけ。

いやいや、SDカードって既にお店で扱ってるじゃん。それよりも新商品を扱って、商品のバリエーションを増やそうよ!

しかし、オーナー曰く「セネガル人は、知らないものは買わない」と言う衝撃の事実。日本の場合、誰も知らない便利グッズがあったら、一番に買いたい欲を持つ人は多いです。

でも、セネガル人はそれがない。広く知れ渡った後で、それを欲しがるんです。ぐぐ、ミーハーめ···

お店に交渉中

試しに10個ほど置いて様子を見る頃に。

月末にまた来るからねーっと言って一週間後、店から電話が。

「売れ行きが良いから、50個欲しい」

さすが実店舗!ネットとは大違いの売れ行き。

ただ今回も代理販売と言う形です。

しばらくの辛抱か。

無知による返品トラブル

数日がたったころ、またお店から電話が。

「お客からカードの返品があったから、来てほしい」

聞いてみると、SDに入れた音楽が聞けない、と言うことでした。

こういう場合、大抵は音楽のファイル形式(wavとかwp3とか)が、彼らの持つスマホに対応していない事が原因。ただセネガル人はその辺まで理解している人は少ない。お店のオーナーですら知らないですからね。てか店のオーナーがパソコンも持ってないとかざらですから。やる気あるんか。

でまあ、チェックしてみようと言うことで僕のノートPCを持っていき、SDカードを挿入

·····

え、·······

うわ、うわわわわわわ!!!!

ウィルスがーーー!!!!!

なんと、カードの中には数個の音楽ファイルと、よく分からないファイルが沢山!

カード入れた瞬間に僕のウィルスソフトがボボボボボボーン!と、ACのトラウマCMを思い出してしまうほどの勢いでウイルスを検出しまくりました。

どうやら、音楽を違法ダウンロードし、その時にくっついてきたウイルスをたっぷり含んだフォルダごと、SDカードに突っ込んだ模様。

彼らのパソコンは基本ネットに繋がないし、個人情報らしい個人情報も入れてないので気にせず使ってたのかもしれません。

あるいはその辺のネットカフェのパソコンでダウンロードしたとか···

その後も、カードが反応しない、などのクレームがしばしば入る度に、アマゾン並の無料返品対応をし続けるお店。彼らからしたら返品を受けても損害は無し。ただ、こっちからしたら返品された物を一つ一つチェックする手間と、毎回ウイルスに感染するかもしれないという恐怖が半端ない。

というか中には別のSIMカードにすり替わってる事も結構ありますからね。しかも衝撃だったのが、その違いを指摘しても、店長含む、僕のセネガル人スタッフも違いが判らないというね。いやいや、こっちだけなぜかTOSHIBAとか書かれてるやん。

今回はセネガル相場に合わせた最安値での卸なので利益はほぼゼロ。月に1000個売れたとしても対した金額になりません。

結論。奴らには売るな

もし誰かがザ·現地のお店に降ろしたいと思うなら

・彼らが知ってる物

・品質よりも価格がめちゃくちゃ安いもの

を、一年かけて売るくらいの量持ってきて、大量に卸すのが良いと思います。

それよりも自分で実店舗持ってみるのも良いかもしれませんね。

良くも悪くも(ほぼ悪い)、このテストはいい勉強になりました。

それでは!

セネガル人は買い物好き

こんにちは!さいとうです。

この一ヶ月バタバタしていて、更新をしていませんでした。

日本から友人が来てくれたり、新しい商品作りに注力してたり・・・
ネットショップ作ってたり、ホームページ作ってたりなどなど・・・

で、そんな中、日本へ帰国する準備もスタート。

第一弾として、我が家にある物を一切合切売りに出すことに。

セネガルで販売していた商品はもちろん、日用品や家具なんかも出しています。

基本的に50%~90%off。
セネガルに多数存在するリサイクルショップよりも高品質、低価格です。

販売品紹介

今回売りに出したものをざっくり紹介。
誰得な情報ですが、こっちの相場の参考にでもしてください。

カウンターテーブルと長椅子2セット ※完売しました!

カウンターテーブルと長イス
カウンターテーブルと長イス

オリジナル家具。
程よい高さで、イスに座るも良し、立ちながら使うも良しの2WAYタイプ。
イスの横部分に取り付けられた足置き部分は3箇所の高さを分けています。
座る人の慎重によって、脚をかけやすい部分を選べるように考慮しました。

80000cfaくらいで作成。50000cfaで販売。

ビジネスデスク ※完売しました!

desk

でかい!モニター2つ置いても余裕のデカさ。
反対側にスタッフ用ラップトップを置いて作業ができるので、
机一つで2人分の作業スペースが確保できました。

購入価格は5万~6万くらい?35000cfaで販売。
セネガルのサイトで告知したところ、1日12件の電話がくる程の人気っぷり。

テーブル ※完売しました!

desk02

オリジナル家具。
一番初期に作ってもらった家具。

最低限の機能だけを備えたオーソドックスなテーブル。
5000cfa。即売でした。

ディスプレイ棚

商品棚
商品棚

オリジナル家具。デカイです!
ヨコ150x奥180x高さ180cmもあります。

木と鉄の組み合わせはカッコイイですね~ほれぼれ。

途中、追加で補強を加えたりして最終的に100000cfaくらい。
50,000cfaで販売。一人予約あり。キャンセル待ちOKです。

プラスチックイス ※完売しました!

chair02

セネガルで一般的なイス。
3000cfaくらいの購入? 1500cfaで販売。

ハンガーラック

洋服ハンガー
ヨコ約120 x 高さ約150cm

個人的に一番お気に入りのハンガーラック。
できることなら日本へ持って帰りたい・・・
横幅があるのでいくらでもかけられます。

先日まで25,000cfaでしたが、ラストスパートで15,000cfaに下げました。

壁掛けシェルフ

壁掛けシェルフ
ヨコ85cm x 高さ35cm

壁に取り付けるタイプのシェルフ

日本では壁に穴を開ける事がほぼ不可なので
セネガルでこそ本領を発揮するタイプ。

強度もバツグン。カーブの鉄がカッコイイです。

こちらもラストスパート10,000cfaです!

ビジネスチェア ※完売しました!

chair

唯一の新品で購入した家具!

家具屋を足繁く通い、何十個ものイスを座った結果
コスパ的に一番良いものを選びました。

これに加えて、日本で購入したクッションもお付けします。
骨盤強制・痔対策・猫背対策になる高機能タイプ。

購入時は2つ総額で80000cfaほど。40000cfaで販売。
こちらも一人予約あり。キャンセル待ちOKです。

ノートPC ※完売しました!

laptop

LENOVOのノートPC。日本で購入したハイスペックタイプです。

新品ですが、通常10万円のところ7万円で購入。150000cfa(約3万円)で販売。

デスクトップPC

pc

こちらもハイスペックなThink Centre M73

メモリ8GB、CPUはCore i5で3.2GHzです。

日本で新品で購入して2年使用しましたが、現役続行中。
ブラウザ開きまくった状態でエクセルとフォトショップ開いても余裕です。

windowsは8と7から選べます。

マウスはショートカットキーがめちゃくちゃ役立つコチラ

キーボードはとにかく手が疲れにくくてオススメのコチラ
ただ、調子が悪くなる事があるので、買い替えた方が良いかもです。

コチラは15000cfa

コチラに近いものは10000cfaで販売中です。

モニターは両方お付けします。
右のモニターは24インチワイドタイプ。
アマゾンでもレビュー100以上付いて評価4.2という高評価。

全部まとめて250,000cfa。正式版officeも導入済みです。
一緒にBluetoothキーボードを購入頂ける場合はBluetoothのテンキーも付けます。

ガスタンクと火付けセット

ガスタンク

これが無いと調理できません。地味に重要なアイテム。

業者に聞いたら10,000cfaで買い取ってくれるそうなので、
それと同額で販売します。しかも火付けパーツも付けました。
その代わり引取りは6月1日移行でお願いします。

その他、小物。

棚と商品
普通に安いです。

100均のものから、日本のアマゾンで1000円で売ってるようなものまで
500cfa、1000cfaで販売中。

おしゃれ小物系や実用品は2000~10000cfaです。

個人的にはこれが超絶オススメです。
アマゾンでは3セット800円。
我が家では同じもの(新品)2000cfaと半額!

キッチン関係

小物家電
差し押さえみたい笑

セネガル人が大人買いするほどの価格にしています。
大体500~1000cfa。食器関係はセットでこの価格にしています。

日本から持ってきた高品質のものは5000cfa前後です。
これらもセネガル人に人気。

セネガル人が大人買い

セネガル人おばちゃん
セネガル人の主婦が一番飛びついていました。
子供も興味津々
子供も興味津々
購入商品
一人でこれだけ買っていってくれます

これまで7,8組ほど来てくれました。
特にセネガル人の買い方は見ていて気持ちよくて
あれもこれもと、ガンガン買っていってくれます。

「安ければ買う!」というセネガル人のメンタリティを感じています。
普段でもこれくらい飛ぶように売れてくれたら良いんですが!

でも、みんな満足して帰ってくれるので、良し!

販売まであと10日間となります。
平日10~18時にお待ちしています。(土日は要相談)

それでは!

jumiaで大量注文、入ってます

こんにちは!さいとうです。

セネガルECサイト jumia。
最近はキャンペーンをフル活用してます。

キャンペーンで大量注文

ついにセネガルでも年末商戦の波が!

A post shared by じゅん (@kudanshi) on

※年末のキャンペーンで、1日にこれだけ注文が入りました。

キャンペーンによっては爆発的に売れます。
対して、どれだけ値下げしても全く売れないキャンペーンもあります。

正直それぞれに大きな差は見当たらないんですが・・・

このへんの傾向をつかめれば、売り方も見えてくる気がします。

※先月の1日限定セール。スパムばりに注文メールが!!

正直、日本アマゾンと同じやり方をしても全く通用しません。

セネガル特有の文化や人間趣向を理解する。
そうした上で進めないと、受注数ゼロの日が続きます。

その都度、試行錯誤して売れるページにしていく感じです。
日本での販売方法と同じですね。
PDCAサイクルが大事です。

A post shared by じゅん (@kudanshi) on

※ここ数日間のキャンペーン。平均10件/日の注文が入りました。

直近のキャンペーンが過去最高に爆発。
注文が多すぎてjumia運営側が対応不可と判断。
僕の全商品を出品停止にしてきました。
(実際は僕らはまだ余裕ありました。)

システム上、未配達商品が20点を超えると、強制停止になるんです。
厄介なのが、「到着通知」をしないと、出荷完了扱いにならないところ。

「出荷通知」ではなく、「到着通知」です。

つまり、僕が配達ドライバーに荷物を渡すだけじゃダメなんです。
ドライバーが商品を購入者へ渡せたら、「到着通知」が出せます。

ということは、購入者がみんな
「週末に届けてね」
なんて言うと、未配達商品が減らせない。
商品の販売も停止されたままになってしまいます。

機会損失どころの話じゃないです。
てか20点て少なすぎでしょ。

ただ、これはjumiaのシステム上の問題。
さらに言えばアフリカの売買スタイルそのものが問題なので、根本的に変えないとどうしようも無いところ。

今後のjumiaの対応に期待します。

1日10件注文が入ると、デリバリースタッフもこんな感じ。
彼とは個人契約中なので、いつも頑張ってくれます。
いつものバイクが故障し、今日は自転車で配達。
プロ根性は素晴らしいですが、この荷物の感じ。
何だか可愛らしい。

因みに、一日に3件配達するだけで、彼らにとってそれなりの報酬になります。

月100件とか注文入るようになれば、ちゃんと雇ってあげたいところです。

売上も伸びてます。

去年と比べると注文数が増えているのがよ~く分かります。

僕がセネガル人の傾向が分かってきた。
Jumiaがセネガルでの認知度アップに積極的。
セネガル全体が発展しつつある。

こういった色々が作用して、良い方向に行ってるみたい。

セネガルは日本からかけ離れた途上国。
そんな所に来ても、一人だけで
収入源を作ることが出来るもんなんだな。

と、実感しました。

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

セネガルでオススメのローカルフードレストラン

こんにちは!

斉藤です。

今日は、僕がこの半年間ほぼ毎日通っている
セネガル飯レストランをご紹介します。

レストランまでの行き方

Marché Salagne Salagne(マルシェ サランサラン)
という市場があります。
(この市場の名称を現地の人が知っているかは不明)

この緑で囲まれてる部分の左下の角にあるのが、
今回のレストラン。地図には乗っていません。

ここは、ダカール(DAKAR)のワカム市(Ouakam)の
アセクナ(Asecna)という地域にあります。

以前から見かけて気になっていたんですが、
引っ越しをしたタイミングで外食するように
なり、その時から通い始めたのがきっかけ。

もうすでに半年が経ちますが、
ほぼ毎日通っています。

レストランまでの道1
ブリオッシュドレ(右)と緑の建物の間にある道路を進みます。
レストランまでの道2
緑の建物の端に、市場への道があるので、ここをまっすぐ。
レストランまでの道3
市場を過ぎると、ありました!

 

僕ん家からは歩いて5分くらい。

タクシーで来る場合は、ワカムの
「ブリオッシュドーレ」という
パン屋を伝えると良いです。

このパン屋の近くに市場がありまして、
そこを突っ切ると、突き当りにある
レストランが、そこです。

ここが違うぞオススメレストラン

レストラン内。快適空間
レストラン内。快適空間

ザ・現地レストランというと、
掘っ立て小屋にボロボロの机とイスが
並べられ、そこにギュウギュウになって
飯をかっくらうもんです。
値段も500cfa均一。

美味いは美味いんですが、蝿もたかるし、
足元には猫がウロウロ。
気になる人は気になるかもしれません。

ただ、このレストランは一味違う。
内装も清潔感があり、机もしっかり。
イスも一人一個ずつで、スペースも十分。
上にはファンがついているので暑くない。

マジで快適なんです。
休憩時間にココに来てセネ飯を食べながら
キンドルで漫画を読むというのが、
もう僕の日課となってしまいました。
(今はバキを読んでます。)

他レストランよりも豊富なレパートリー

レストラン内
このお店は水もおいしく感じる

基本的に現地レストランでは、
1日2種類のセネ飯しかありません。

1週間通しても、計4種類くらいしか無いんじゃないかな。
(チェプジェン、マーフェ、ヤーサー、モロヘあたり)

しかし!ココは1日3種類から選ぶことが出来ます。

チェプジェン、ヤーサギナールが定番としてあり、
そこに加えて、マーフェ、モロヘ、ドモダ、
スープカンジャ、チュウ、チュージューチュウ、
チュウカレー、セボン・・・などなど、
日替わりで食べることが出来ます!!

そしてどれも、一定の美味さをキープしているんです。

彩りがキレイ!盛り方がオシャレ!!

現地レストランというと、
米ドーン!野菜ドーン!魚ドォーン!!
というように、おばちゃんが勢いだけで
盛り付けるんです。

まずは、こちらを御覧ください。

現地のヤーサ
現地レストランのヤーサ。盛り付けが雑。

はい。まあこれはこれで美味しそうですが、
現地感が拭えないですね。

 

続いて、こちらを御覧ください。

オススメレストランのヤーサ
オススメレストランのヤーサ

もうね、ぜんぜん違う。

本当同じ料理かと疑うほど。

紙ナプキンも付いちゃってます。

この衝撃は日本では味わえませんでした。

日本の牛丼を例にしてみましょう。

牛丼
牛丼 (出典:http://www.sukiya.jp/)

牛皿定食
牛皿定食 (出典:http://www.sukiya.jp/)

分けただけやん!

って思いますよね。

でも、
このレストランでは
そんなツッコミは出てきませんでした。

それだけ衝撃だったんです。

う、うまい!ヤーサ ギナール!!

オススメレストランのヤーサ

で、僕がこのレストランでイチオシなのが、
何と言ってもこの、ヤーサ ギナール!

ヤーサというソースを黄色い米に掛けたもので、
これに鶏肉(ギナール)を添えています。

元々ヤーサ ギナールが一番好きだったんですが、
他のレストランだと出会える確率が低いんです。

なので必然的に月2,3回くらいしか
食べれていませんでした。

しかし、どうした事でしょう。
このレストランは、何とヤーサギナールが
常駐されているんです!

しかも美味い!!安定した美味しさ!!

通わない手はありませんでした。

なので、毎日これ食ってます。
100回は食べました。

日本でも、こんなに同じ食べ物を
食べたことはありません。
スタンプカード作って欲しいなぁ・・・。

日本人も続々と来ています。

セネガルで会った旅人の方には
「おいしいお店知りませんか?」
と聞かれたら必ず教えているんですが、
100発100中で気に入ってくれています。

しかも、先日いきなり知らない番号から
電話があり、出てみると
セネガルに滞在中の日本人の方で

「今、日本企業の方と一緒にいるんですが、
斉藤さんが美味しいレストランを
知ってると聞いて、電話しました。」

と言われまして、どんだけ広がってるねんっ
てくらい驚きました。

気さくなおばちゃんたち

おばちゃんたち
おばちゃんたち

いつもこのおばちゃん達で切り盛りしています。
一時期、たくさんの日本人が、入れ替わり立ち替わりで、
ここに通っていた時期がありました。

そんなある日、おばちゃんが僕に
言ってくれた言葉が忘れられません。

「あなたのおかげで、毎日たくさんの日本人が来てくれる。
こんな事は初めてでとても嬉しい。本当にありがとう。」

本当に嬉しそうに言ってくれたので、
役にたったのかと思うと、何だか嬉しかったです。

料金と営業時間

ヤーサギナールは1000cfa

それ以外は700か800cfaです。

たまに1000cfaの物もあるかも。

このお店はボッタクることはまずしないので
最初に値段を聞いてから注文しても
良いかもしれません。

営業時間は、昼間の2時頃~4時頃です。

朝、夜はサンドイッチだけです。
時間は分かりません。

セネガルに着た際は、是非とも
足を運んであげてください。

それでは!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

セネガル人に家具をオーダーメイドしたら・・・

こんにちは!

斉藤です。

僕がセネガルで一人暮らしを初めて早3ヶ月が経ちました。

その間、セネガル人の職人に頼んで、
家具をオーダーメイドで作ってもらっていたので
ご紹介したいと思います。

職人気質のセネガル人たち

職人のアトリエ前
職人のアトリエ前

セネガル人というのは手先が器用な人が多く
家具職人があちこちにいます。

歩いて1分の所に家具職人工房
3分の所に扉職人工房
5分の所に鉄職人工房

などなど。

これ一箇所に集めて大きな場所借りたほうが
絶対効率良い気がするんですが
大体は自宅の隣に工房を作って
省スペースでせっせと仕事をしています。

びっくりするのが、
電動ドリルすら持っていない工房があるという事。

先日なんて、壁に穴開けて欲しいと職人に頼んだら
「ドリルを借りてくるからちょっと待ってろ」
と行ったまま帰ってきませんでしたからね。

まあそんな抜けたところのある彼らですが、
写真と長さを伝えれば、
大抵のものは作ってくれます。

オーダーメイドの家具たち

はい、それでは、こちらがそのオーダーメイドの家具たちです。

商品棚
商品棚(たしか80,000cfa)
壁掛けシェルフ
壁掛けシェルフ(たしか15,000cfa)
カウンターテーブルと長イス
カウンターテーブルと長イス(たしか75,000cfa)
洋服ハンガー
洋服ハンガー(たしか28,000cfa)

なんということでしょう!

匠の手によって作られた家具の数々

楽天や東急ハンズにあっても違和感がありません。

今回は、木の匠と、鉄の匠によるコラボレーションだったので

彼らもぶっちゃけ慣れない試みだったようです。

(なので不備があると、お互い相手の責任にしようとします)

値段交渉をしすぎるとやる気をなくすのがセネガル人なので
大幅な交渉はしませんでした。

セネガル職人の総合評価

職人
家具を作ってくれた職人

一言で言うと

それっぽいものを勢いで作っちゃう職人

です。

写真を見せるだけで、結構いい感じに見た目通りの物を作ってくれます。

ただ、

採寸が間違っていたり

強度が不安だったり

左右がずれてたり

という繊細な部分は本当ダメダメ。

カウンターチェアなんて、初回は半分の高さで作ってきたし
(しかもそれを売りつけようとしてくる)

商品棚なんて少し触っただけでグワングワン揺れますからね。
絶対日本だったら震度2で崩壊するレベルの不安定感です。

 

これと比べると、日本の職人は本当に凄いなーと思います。

価格は高くても、一生物の家具を作ってくれますね。

大量生産商品もしかり。

洗礼されたデザインと強度を保ちながら、低価格で提供してくれます。

ただ、自分の思い描くデザイン家具を格安で頼みたいなら

圧倒的にセネガルの方が優位ですね。

一長一短です。(いや五短かな)

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

セネガルの格安ジムで筋肉をつくろう

こんにちは!斉藤です。

本日は、僕が日頃通っている、セネガルの
ザ・現地感溢れるスポーツジムを紹介します。

セネガルでも筋トレは盛んで、
スポーツジム探しで困ることはありません。

価格もピンキリで、300cfa(約60円)の所もあれば、
5000cfa(約1000円)の所もあります。

もちろん価格に比例してクオリティも雲泥の差があります。

現地感溢れるスポーツジム

今回は、ガラクタ置き場とも称される現地ジム。

gym01-1
歩いて10分ほどの場所にあるスポーツジム。

ワカムという地域のアセックナというブロックにあるジム。

いかにもアスリートが集まってそうな空気が
外観からも感じ取れます。

gym01
メッセージ性がダイレクトに伝わる絵

それにしてもこのへたくそ感のある絵、どこかで見たな・・・と思ったら

gym02
これだ

進撃の巨人だ。
こんなところで2m級巨人を拝めるとは思っていませんでした。

gym03
中はこんな感じ

gym04

gym05

利用料金は一回300cfa。
マンスリー(一ヶ月)会員もありましたが、確か価格設定が微妙で
20日以上行かないと元が取れなかったと思います。

利益目的というよりは、地元の筋肉好きが集まる場所として
運営されているイメージです。

 

このジムで必要な能力は2つ。

一つは「使えるものと使えない物を見分ける力」

もう一つは「使えない物をどう使って鍛えるかの発想力」

です。

鉄アレイなんかは重量がわかりません。
「軽い」「重い」「超重い」

の、3種類くらいしか無いです。

イメージ力が大事なんです。

なので筋トレ初心者は、必ず付き添いを付けるようにしましょう。

gym06
普段は5,6人位のセネガル人がいます
gym07
発想力を駆使した筋トレの一つ
gym09
この日は、ゲストハウスのお客さんと来ました。

セネガルにくる長期旅行者あるあるの一つに、
ゲストハウスに泊まると、何故かジム通いが習慣になる
というものがあります。

今まで特に運動してこなかった人に現れる傾向があります。

それくらい、やってみるとハマっちゃうものです。

gym10
ジムのオーナー。腕がヤバイ
gym11
強烈コピー「NO PAIN , NO GAIN」(痛み無くして筋肉無し)
gym12
優しいオーナーです

フレンドリーなジムです。

日本のスポーツジムでガチムチが多い場所なんかは、
結構殺伐としている所もあります。
セネガルでも富裕層向けジムは黙々と筋トレしている人が多いですが
このジムは皆気さくで良い奴ばかり。
基本何言ってるか分かりませんが、楽しそうにワイワイやってます。

セネガルに来た際は、是非斉藤までお声がけ下さい。

一緒に筋トレしましょう

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

アフリカECサイトjumiaが偽物の販売を禁止

こんにちは!

斉藤です。

アフリカのアマゾン的なECショップjumiaが、一部商品の偽物の販売を禁止しました。

禁止商品について

先日、jumiaスタッフから出品者へ向けて、こんなメールが届きました。

Cher vendeur,

Dans le but de devenir le site incontournable de Shopping en ligne au Sénégal et afin d’améliorer
l’expérience client en proposant des produits de grande qualité, Jumia décide de ne plusproposer
de produits Dubai ou Chinois sur sa plateforme.

グーグル先生に聞いてみると
「Jumiaは、高品質商品をお客様へ提供するため。中国製品やドバイ製品の出品を禁止します」
という事でした。

担当者に確認してみたところ、ここで言う中国製品とは、
made in china全商品を指すのでは無く、本物を似せて作った物の事を言います。
iPON(アイフォンのパクリ)とかPOMA(プーマのパクリ)とかです。

また、ドバイ製品というくくりが、セネガルにはあります。

ドバイ製品
有名ブランドスマホに「dubai」と記載されている格安品

これは、外観は本物と同じなのに中身が違うものを指します。

本物と思って買ったら、中身が全然違う!
みたいなものはクレームに繋がるため、NG。

例えばスマホ(iPhone)とか、ブランド物の香水とか。

正直セネガルにはそういう商品がゴロゴロあります。
国が規制していない(暗黙の了解)中で、
このような規制をする事で、ショップの信頼アップに繋がりますね。

これを気に、蔓延っていた違法ショッパーが
一掃されてくれる事を祈ります。

ちなみに、勝手に某キャラクターを使ったモバイルバッテリーとか
某高級車のロゴが刻印されたUSBメモリとかは、
性能には関係しないので、出品しても良いとの事(いや駄目でしょ)

セラーセントラル画面
出品情報入力画面

このように、一部カテゴリーに関しては
「ブランド品のレプリカは、それと分かるように記載すればOK」
な部分も残っています。

まあこれもいずれは規制されて行くと
思うので、危ない橋は渡らないのが
ビジネスを長く継続していく秘訣だと思います。

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

アフリカのアマゾンと呼ばれるECサイト「Jumia」とは

こんにちは!さいとうです。

今回、僕がセネガルでビジネスを起こすにあたり
販路の一つとして力を入れているECサイトがあります。

それが「JUMIA」です。

アフリカのアマゾン(ややこしい)と言われており、
確実に成長してきているECサイトです。

僕は2016年の10月から本格的に参入し始めました。
この3ヶ月半で感じたJumiaの特徴を紹介していきます。

ナイジェリアから始まったECサイト「JUMIA」

需要に対して供給が少なく、買い物が出来る場所も決して多くは無かったナイジェリア。

インターネットでのショッピングサービスも一般的どころが詐欺の巣窟だった中
アフリカ事情を考慮して立ち上げられたのがJumiaでした。

ネットショッピングに様々な問題を抱えるアフリカで、
ここまで信頼あるサービスまで持ち上げたJumiaの特徴は何だったのでしょうか

洗礼されたサイトデザイン

jumia001

https://www.jumia.sn/
※こちらはJumia.senegalのリンクです。

どことなくアマゾンを彷彿させるサイトデザイン。
頻繁に更新されるキャンペーンバナーもしっかりしています。

ユーザビリティも意識して作り込まれており、
欲しい商品が見つけやすくなっています。

日本ではそんなの当たり前、と思うかもしれませんが
アフリカ人(少なくともセネガル)の多くは
サイトのデザインセンスなんて持ち合わせていません。

http://www.expat-dakar.com/

参考に・・・このサイトは、セネガルでも断トツで有名なサイト。
ヤフオクのように、個人間での商品売買サイトです。

僕ら日本人から見たら、「うわ、スパムサイト踏んだ!」と思うくらい
怪しさが醸し出されています。

因みに、出品者側も超適当。

電話したら「あ、それもう売れちゃってるわ」っていう人もいるし
「アパート貸します」とか言ってるのに何故か天井の写真しか載せてない人もいます。

これと比べると、いかにJumiaが現地臭を払拭しているかがわかりますね。

しっかりした電話、メールサポート

jumia002

ネットショッピングに慣れていない人が多いので
そもそも注文の仕方すら分からん、て人も沢山います。

その人たちの為に、電話、メールスタッフが常駐しています。

最近でも、Jumiaスタッフから、購入者の代わりに
問い合わせが来ることもありますね。

代引き支払いを採用

jumia003

Jumiaの飛躍の一番のポイントはこれだと思います。

アフリカではクレジットカードは一般的ではありません。
日本でもそうですが、銀行口座と、安定した収入、一定上の所得などで
審査がされ、OKが出た人だけがクレカを持てます。

それにスキミング被害などもあるので、
ネットショップでクレジットカードを使って決済する人は
圧倒的に少ないです。

そこで、Jumiaでは代引支払いを全面的に採用しています。

デリバリースタッフが商品を届けた際に、
金額を支払います。

これで、購入者も「お金を払ったけど商品が届かなかった」という心配がありません。

因みに日本アマゾンでも代引利用者は健在で、
感覚的に僕のアマゾン顧客も2,3割は代引を使用しているので
古き支払い方法、とバカには出来ません。

専属のデリバリースタッフ ※セネガルを除く

jumia004

jumiaには、専属のデリバリースタッフがいます。

それにより、注文後すぐの出荷が可能ですし、
代引でもらったお金を持ってトンズラする、
という心配もありません。

因みにセネガルでは専用スタッフはまだ不在で
現地の配達業者と契約して、代理配送しています。

あるいは、出品者が自分で配達する場合もあります。

到着までが早い!

jumia005

地域によりますが、ナイジェリアの場合は
ラゴスだと1日で配達。他の地域でも2~5日で届けられます。

下手したらアマゾンよりも早いです。
この辺は結構徹底されていますね。

因みに僕のセネガル店舗の場合は、当日配送も受けています!

アマゾンプライムよりも早いです。

この辺は結構アナログなんですが、
注文が入ったらお客さんに電話をして、
いつ届けて欲しいかを聞いて、
その時間に待ち合わせ場所で商品を渡します。

商品の使い方がわからなければ、
僕らが直接配達して使い方を説明したり
オフィスまで来てもらいます。

このへんは日本ではありえないくらい
手厚いサービスです。

これからも成長していくECサイト

確実に、アフリカでの認知度は上がってきています。

少なくとも僕のいるセネガルでは、去年末から販売数が増えてきました。

プロモーションもしょっちゅうしていますし、
メルマガも頻繁に届きます。

とにかく「やる気!」が感じられます!

これからの成長が楽しみです。

日本人が参入できるのか?

jumia007

既にネット物販を行っている方は、気になるところだと思います。

10年位前、米国アマゾンの商品を輸入して日本アマゾンで販売するだけで
アホみたいに稼げる、という時代がありました。

Jumiaも、10年前のアマゾンの到来か!?

と思いましたが、
そんな事は微塵もありませんでした。

大きな違いは

先進国から先進国

ではなく

先進国から発展途上国

だからです。

こうなると今まで培ってきたノウハウは見事に使い物になりませんでした。

もう、本当自分のセンスで仕入れるしか無い状態です。

ただ、本当のこれこそバイヤーって感じなので
これはこれで好きです。

とは言っても日本人が最低一人はセネガルにいないと運営が確実に回らないので、
僕が帰国する夏から、代わりに常駐してくれる方がいれば是非声かけて下さい。

最初の数ヶ月はお給料は出せませんが、住む場所は提供いたします。

セネガルに住んでみたかったという方は良い機会になると思います!

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

セネガルの卸市場、コロバン

こんにちは!さいとうです。

今回は、セネガルで進行中の小売ビジネスのお話。

セネガル人のバイト君が、積極的に

「こういう商品を仕入れたら売れるよ!」

「セネガルで見たこと無いから、きっと10,000cfaで売れるよ!」

と、色々提案してくれます。

ただ、実際調べて見ると
既にセネガルで売ってて、
しかも5,000cfaで買えちゃう物ばかり。

これ、もしそのままのテンションで仕入れてたら
飛んでもない事になってましたね。

僕もバイト君も、
まずはセネガルにどんなものが出回っているのか
知る必要があります。

ということで、卸市場に行ってみることにしました。

卸市場、コロバン。

colobane

僕らが住んでいるワカムを南下して、都心部よりも少し手前の位置に
路面店でごった返しているコロバンという場所があります。

靴や洋服の中古がゴミのように積んであったり、
何年前から売れてないのか分からないくらいホコリを被った家電など
とにかく色んなものが格安で売られています。

都心部の小売店オーナーは、ここで仕入れて
自分のお店で販売する人も多いようです。

商品の品質

coloban03
日本にあっても違和感の無いパッケージ

路上でガラクタ同然に売られているものもありますが
店舗に入ってしまえば、意外としっかりしたパッケージに入っているものが多いです。

日本では、パッケージも商品の一つと考えられ
箱が破れてるもんなら即返品という冷徹無比な人が多いですが
セネガルでは全然気にしないので、そこはありがたいところ。
(その代わり極安な価格を求められますが)

商品自体も機能だけを求められ
品質はそこまで意識されない感じ。

スピーカーを例で言うと、

有線か、Bluetooth対応かは気にするけど
モノラルか、ステレオか、サラウンドかは
気にしない。

って感じ。

こうなると、高品質高価格の日本製品を売るのが
いかに大変なことか分かると思います。
まあ僕が売っているのは日本ブランドではありませんが・・・

値引きが半端ない

coloban02
日本では見たことないスマホのケースばかり

コロバンが卸市場として君臨している理由の一つとして
圧倒的な卸価格があります。

1個だとまあ一般価格ですが、複数個になった途端
大幅値引きが狙えるものもあります。

1個買うと2000cfaの商品が、10個買うと1000cfa!みたいな。

SDカードとかは壊れると泣けるので購入はおすすめしませんが
無くなりやすい充電ケーブル、イヤホンなんかは
ここでまとめ買いしちゃうのもありかもしれません。

商品バラエティ

coloban04
ゲームも売ってるし、その向こうでは洋服が地面に直置き

端から端まで見て回って思ったのが
どこのお店も同じものを扱っているという事。

あれ、この商品さっき見たぞ、
というのがめちゃくちゃあります。

なのでコロバンという場所は大きいですが、
商品数で言うと、そんなに多くないのかもしれません。

卸市場視察を終えて

ここで色々仕入れられれば楽だなーと思っていたんですが
セネガル人と価格勝負をして勝てる気がしないので
(利益数100cfaとかでも平気で売るので)
逆に、ここに売っていない商品を扱っていこうと決めました。

正直、コロバンで買い物をするセネガル人は
ザ、現地の人だと思います。

僕のオフィスに訪れるお客さん(セネガル人)は
みんな、小洒落た格好で清潔感もあります。

そういった人たちの心に刺さる商品に絞ればいいな、と。

何はともあれ、扱いを避けるべき商品が分かったのは大きな収穫でした。

年末から急に販売数も増えてきたので、
スピードを落とさず行きたいと思います。

それでは!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^