ついに出国!片道航空券しか持っていない人は要注意なこと

Pocket

こんにちは!
さいとうです。

朝からバタバタでした。

ついに、セネガルへの出発日がやって参りました。

時間に余裕を持って2時間半前に成田空港に着いたにも関わらず、
飛行機に搭乗できたのは出発ギリギリ!

両替も食事もできず、
親と子のしばしの別れに浸る暇も
ありませんでした。(浸りませんが)

その理由とは・・・!?

往復チケットは、3ヵ月以内のものを!

セネガルは、5月から入国にビザが必要なくなったとお話をしました。

ただし、それは「3ヵ月以内の往復チケットを持っていたら」の話。

・復路のチケットの日付が3ヶ月以上先

・そもそも片道チケットしか持っていない

こんな場合は、日本からも出国できません。
トルコ航空(ターキッシュエアライン。以下:TK)に止められます。

僕は、復路が来年なのでストップが掛かってしまいました。

「現地でビジネスビザを取る」と言っても聞く耳もたない。

まさかの当日に土壇場トラブル!

今からでも間に合う「それ、アリなん?」な方法

今回、僕はANAマイルを使い、提携しているTKを使いました。
それが原因なのか何なのか、復路の日付を
3ヵ月以内に変更しようとANAに電話したんですが、
手続きに数日間かかってしまうようで
今すぐ証拠が必要な僕には待てません。

なので、苦肉の策として

「その場でターキッシュエアラインの
復路のチケットを購入し、
ダカールに到着したら、キャンセルをする」

という方法に変更しました。

重要なポイントは、

「ダカール→イスタンブール」までのチケットを購入すればOK

と言うこと。

日本までの復路を買うと、キャンセル手数料がバカ高くなります。

イスタンブールまでなら手数料5000円以下。

どうせキャンセルするチケットなので、
セネガルから出るという証拠になればそれで良いんです。

何はともあれ、事前の対策が吉

・最初から3ヶ月以内のチケットにしておく(現地に着いてから日付を伸ばす)

・予めビジネスビザを取得しておく

このように対策を取っておけば何も問題はなかった訳ですね。

今回の原因は、セネガルの法改正情報が
日本航空会社に十分に回っていなかったため
予約時に十分なアナウンスがされなかった事が
問題でした。

何はともあれ、何とか飛び立てたので良かった良かった。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です