年末に纏めて観たい、アマゾンプライムビデオ「24」シリーズ

Pocket

こんにちは!斉藤です。

日曜日。雑談ブログです。

金曜日に投稿できなかった、アマゾンプライムビデオでおすすめの一作を紹介。

日本向け海外ドラマの代表作「24」

アマゾンプライムビデオはコチラ

もう、知らない人なんていないんじゃないかというくらい、

日本でも圧倒的に有名な海外ドラマ「24」シリーズ

シリーズを重ねるごとにジャック・バウワーがギリギリのギリギリ(むしろ行き過ぎ)過ぎて
どっちが悪者かわからん!て事になる事もしばしば。

それを皮肉って「俺はぁジャックバウワ~・・・」って歌がCMで流れてた時は笑いました。

 

それくらい、日本でも愛されているこの映画、
もう完結もしたし、本数も多いのでレンタルするのもめんどくさいな!って方。

アマゾンプライム会員のうちに、無料でイッキ見してしまいましょう!!

全シリーズ観たほうが良い?

はい、見ましょう。是非見ましょう。

それぞれのシリーズの見方を簡単にご紹介します。

シリーズ1作目が一番面白い。

24時間という限られた時間、同じ時間の中で、複数箇所で同時に事件が起きる。

それらの事件が上手く絡み合い、やがて一つの結末に繋がっていく。

これこそ群像劇!!っていうのを感じられる作品。

あの事件のメインキャラと、別の事件のメインキャラが出会った時のワクワク感は
歴代ヒーローが一挙に集まるお正月映画に匹敵します。

シリーズ2

2作目は、1には劣るもののそれでもワクワクドキドキは健在。

これもイッキ見するべき作品。

シリーズ3,4

群像劇感が弱まり、始終ジャック・バウワーの行動を追っていくストーリー(だったと思う)

ここで少しめげそうになりますが、辛抱強く突っ走って下さい。

これをすっ飛ばすと、ジャックやその他のキャラクターへの愛が激減するので、

今後を見る時の感情に大きく影響してしまいます。

シリーズ5

まさかの!!??が起き、

また面白さが戻ってきます。

シリーズ6まで見たあなたはもう24フリークス。

24を中心に世界が回ってるような錯覚に陥り始めます。

年末を利用して見ているあなたは、仕事が始まるか、24が終わるかギリギリのラインです。

シリーズ7まできたらもうジャンキー。

ストーリーを楽しむよりも、
ジャックのぶっ飛んだ行動に酔いしれる事にハマってきています。

そしてこれを見ている最中にも、次回シーズンでジャックともお別れという事に
薄々感づいている自分がいる。

シリーズ8。ファイナルシーズン。

あなたはもう賢者モード。

多少のバイオレンスでは何も感じません。

しかし、一話一話見進めるごとに、24の終焉を感じずに入られなくなります。

早くしないとテロが起きる。でも終わってほしくない・・・。

そしてついに最終話を見たとき、最後のシーンを見終えたあなたは、放心状態になるでしょう。

そしてつぶやく。「ありがとう、ジャック・バウアー・・・・」

 

僕が見終えた時は本当にこんな感じでした。

毎年、次のシリーズが出るのを楽しみに待っていた僕としては、
一緒に人生を歩んできたようなものでした。

そんなジャックにもう会えないという虚しさ。

今年の年末は、そんな大切な友人との出会いと別れを一気に味わって下さい。

それでは!

(アイキャッチ引用元 ドラマ超特急 http://dramalabo.com/32.html)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です