結婚式アイキャッチ

アフリカで日本人が結婚式をするとこうなる-前編-

Pocket

こんにちは!斉藤です。

今月頭、友人が日本からセネガルへやって来ました。

目的は、なんと結婚式!

セネガル人の結婚式に参加するんじゃないですよ。

セネガル人と結婚するわけでもありません。

日本人夫婦が、セネガルで結婚式を上げるんです!

というわけで、「色々準備とかしてくれや」って事で
僕と共通の友人
白羽の矢が立ちました。

本日の新婚さん

本日の新婚さん
こっちで作った民族衣装をまとった二人

学生時代からの約10年来の付き合い。

プロポーズはウィーンの舞踏会。
今回セネガル→モロッコ→ロンドンで式を挙げるという
もうネタみたいな人なんですが、結婚式の一回目を
僕らのいるセネガルを選んでくれたので、
記憶に残る結婚式を開いてやろうじゃないか!

セネガル式結婚式とは

結婚式

セネガルでは、結婚式は朝から晩まで屋外で行われます。

フツーにその辺を歩いてると、結婚式してたりします。
屋外にテントをはり、座りながらだべり、みんなで食事をして
歌ったり踊ったりします。

誰でも参加可能なので賑やかなお祭りです。

準備するもの

おばちゃん達と食事の打ち合わせ
おばちゃん達と食事の打ち合わせ
  1. テント屋さん
  2. イス屋さん
  3. 現地のご飯を用意してくれる人
  4. ドリンクを用意してくれる人
  5. ミュージシャン
  6. ダンサー
  7. 結婚式衣装の仕立て屋
  8. ホテル
  9. 必要なら)羊とそれを捌く人
  10. その他もろもろサポートしてくれる人

とりあえずこれらが用意できれば式は挙げられます。

が、そもそもどこにそんな人がいるか分からないので
手探り状態でのスタート。

相場も分からないので幾つか周り、相見積を取ります。

もちろんホームページも無ければメール、
電話だけでのやり取りも不可能なので
全て対面での打ち合わせです。

厄介なのは、日本とは異なり基本的に全て口約束。
金額はまあ紙に書いて共有できますが、
詳細まで書いて何かして・・・というのが通じません。

で、何とか手配が終わったと思ったら、
お金が足りない。とか時間が無い、とか
平気で言ってきます。

そしてセネガル人と言えば
時間をがっつり無視する事で有名。

当日になって来ませんでした、とか全然ありえる勢いです。

特に洋服の仕立て屋は2,3日で出来ると言って
3週間かかる事もザラなので
早めの手配と何度も何度も催促が必須です。

現地飯

大好きなヤーサギナール
大好きなヤーサギナール

現地飯に関しては、事前の作り置きが出来ないので、
当日に出来たてのチェプ、ヤーサを振る舞います。
(どっちもセネガルの定番料理)

40~50人前を頼んだので、料理を作る人も総出。
5人位でせっせと作ってくれます。
煮込んだり蒸したりと、何かと時間の掛かる料理なので
5,6時間掛けて調理していました。

日本人にも馴染みやすい味なのが嬉しいポイント。
飲み物も、ビサップ、ブイ、ダカールという
現地のものを使った手作りジュースが振る舞われました。

ミュージシャン、ダンサー

ダンサー

祝い事で派手にやるには、少なくとも5人の演奏者が必要。

ジャンベ、サバール、タマなど、民族楽器を駆使して
胸の奥にドンドン振動を与えてくる力強い演奏をしてくれます。

これはめちゃくちゃテンション上がります。

で、ここで欠かせないのがダンサー陣
セネガル人はみんな生まれながらのダンサー。

音楽が流れれば独特のテンポで軽快に踊ってくれます。
なので近所のセネガル人が参加してくれれば
それだけで盛り上がるんですが
やっぱりプロダンサーのド迫力さは一品!!

巨漢をブルンブルン震わせながら砂を巻き上げながら
これでもかと言わんばかりに踊り狂います。

羊

セネガルではお祝い事で羊を食べます。
ということで今回も思い切って羊を用意しました。
当日の朝に殺してすぐ捌き、
その日の昼にはチェプ、ヤーサの上に載せられます。
(これをチェプヤップ、ヤーサヤップと言う)

日本でも健康、美容に良いってことで
ブームになってきているようです。

捌きたての新鮮な羊は、臭みもなく非常に柔らかい、
そしてうまい!の三拍子が揃っております。

そして当日

今回の主役は、セネガル滞在時間約24時間という弾丸旅行。
なので時間的余裕は一切無し!

果たして無事結婚式を終えることが出来るのか・・・?!

つづく。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ノマドワーカーへ
にほんブログ村
↑参加しました!クリックお願いします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です