ケニア通信会社

ケニア2 ケニアのネット事情・SIMカード・UBER

Pocket

こんにちは!

さいとうです。

トラブルに見舞われながらも、

何とか無事ケニアに到着しました。

着いたのはジョモ・ケニヤッタ国際空港。

ここから目的地の宿まで突っ走ります。

SIMカードを手に入れよう。

旅行中も仕事をしないといけないのがノマドの宿命。

まずは、安定したネット環境を手に入れるため、

SIMカードをゲットします。

ケニアでは、有名な順に

safaricom(最大手。回線も安定。ちょっと高め?)

airtel(使い放題プランがあるらしい。)

orange(フランスの会社。使い放題プランもあるらしい)

が、あります。

safaricomの店
safaricom店舗

空港の建物を出てすぐのところに、

電話会社の仮設店舗がありました。

今回はsafaricomだけ購入することに。

店内に入り、SIM(通常100ksh。空港価格200ksh)

を購入。続いて用途を聞かれるので、

「ネットだけ1週間、めっちゃ使いたい」

と、伝えました。

なので僕の場合は

有効期限1か月の3GB(1000ksh)を購入。

でも結果的には半分しか使いませんでした。

1000ksh分のカード
1000ksh分のカード

宿泊先にあったwifiが思いのほか早かったので

1.5GB(500ksh)でも良かったかも。

※ちなみに速度は、市内なら普通にサクサク。

 サファリでもメッセ、LINEの

 やり取りくらいはできました。

UBERを使おう。

やっぱり

海外に到着してまずビビるのが

市内までのタクシー。

どれが安全で、いくらが適正か。

全く分かりません。

が、しかし

事前にケニア経験者から

「ケニアではUBER」が主流!

というスーパー良い情報を得ていた。

■UBER-iphoneはこちら

■UBER-androidはこちら

UBERとは、

一般人が、自分の車で

タクシーのように送迎してくれる

という副業的なサービス。

スマホにアプリをDLして使います。

これ、日本でもグイグイ来ており

安いし相手の評価も見れるので、

安心度が現地タクシーよりも

段違いに良い!

そして金額も事前にわかるので、

ぼったくられる心配もありません。

(人によってはスマホが壊れたとか

チップよこせとか言ってくるらしいですが、

少数派でしょう。)

これにはネット環境が必須だったので、

この時点でSIMカードをゲットしたんです。

すでにアプリの登録作業も、

セネガルで済ましておきました。

早速目的地を設定し、

近くのタクシーをサーチング!

3,4台がすでに空港で

スタンバっていました。

おおーこりゃ便利やーと思い

すぐに確定ボタンを押したところ、

ここで問題発生。

「電話番号を確認して下さい」

どうやら、

ドライバーが詳細の位置を確認するために

僕に電話をかけるようになっているようです。

ここでもSIMをゲットしていた事が功を奏し、

チャチャっと番号を入力して、送信!!


・・・


「国番号が変わる場合は、サポートへご連絡ください」

なん・・・だと・・・??

そう、僕が登録していたのは

日本の電話番号。

これを日本以外にするには、

サポートへ連絡する必要があるようです。

ということは、どう考えても

返信まで数時間はかかります。

これじゃあ実質、

空港からのUBER使用は不可能じゃんか!

というわけで、仕方なく

タクシーを使う他なくなりました。

ツアー会社
ここでタクシーを手配

因みにこの時は、safaricomに面した

ツアー会社の受付で、タクシーを

手配してもらいました。

ぼったくられる前に

UBERが1000kshだと伝えたら、

「UBERは安すぎる。我々の利益が無い」

ということで、1500kshになりました。

そこから宿までは、

問題なくスムーズに行くことが出来ました。

キレイなタクシー
キレイなタクシー

次回はナイロビの街並み紹介ですー。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です