アフリカ

ケニア5 ナイロビのスラム街に行ってきた

Pocket

こんにちは!

さいとうです。

ケニア2日目。

お金、ありません

本日はスラム街に来ています。

スラム街ツアー費用は?

朝から昼過ぎまでのツアーで1700ksh。

おそらく高いですが、参加者が僕だけ

だったので、この金額を支払いました。

本当はこの日からサファリツアーに

参加したかったんですが、

日本人が見つからなかったので、

ダメもとでもう一日待つことに。

そしたら宿のオーナーから

「スラム街のツアーはどうだ?」

と、提案が。

ということで、行ってみることに。

ツアー当日

当日の朝、宿までガイドが来てくれました。

スラム街02

彼はスラムの生まれなので、

彼といれば安全、写真も撮り放題。

スラム街03

バス乗り場まで10分ほど歩き、

そこからバスに乗って20分くらい。

スラム街は現れます。

スラム街05

セネガルのローカルと

似たり寄ったりではありますが、汚さが段違い!!

スラム街06

電車からゴミを捨てる人や

夜に大量に捨てる業者がいるようです。

政府も

スラムにはお金を使いたがらず、

ゴミは増え続ける一方とのこと。

スラムで生まれたら収入減を得る事も難し。

抜け出すことは不可能と、ガイドが嘆いていました。

僕の個人的な意見としては

ゴミ問題は確かに深刻ですが

自分の現状を何とかする事は、

本気になればできるんじゃないの?

と思ったりもしました。

この辺は

「国が悪い」「会社が悪い」

と言っていて何も動こうとしない

日本人と重なって見えてしまい

共感が出来ないところでした。

程度の違いはあると思いますが!

彼いわく、貧しい人たちの月給は

9000kshくらいとの事。

そしたら彼は今日半日で1700ksh

手に入れたわけだから、

もっと色んな方法を模索して、

毎日ツアーが出来るようになれば

結構いい給料になるんじゃないかな。

スラム街を歩く

スラム街07

スラム街08

スラム街09

スラム街10

とにかく、汚さと匂いが目立ちました。

スラム街は限定された区域にあるため
家がとにかく密集しています。

スラム街11

ここに10人規模の家族が住んでるんですね。

スラム街12

密造酒を造っているようです。

スラム街13

何気に映画館もあります。

(テレビがあるだけですが。)

彼らが好きなド派手な爆音の出る

アクション映画がメインらしい。

スラム街14

ここ一帯がスラム

スラム街15

子供たち

スラム街16

工房

スラム街17

骨でアクセサリーを作ってます

スラム街19

小道に入るとまたゴミ

スラム街18

やけに尻が突き出てるマネキン

巨大マーケットへ

スラム街20

スラムを抜け、15分ほど歩くと

大きな市場にたどり着きました。

服、食器、食材

何でもそろいます。

スラム街21

スラム街22

食材はそれぞれ価格も表記。

これは便利ですねー。

食材も色良かったです。

ツアー終了

ツアーが終わったのは昼2時ごろ。

帰りのバス停まで案内してもらい

そこからは自力で帰ります。

スラム街04

初日に全く周辺を散策しなかったので

どこで降りるかも、降りた後の道も

全く見当つきません。

それにバスの治安も未知数で

心配だったんですが、まあ何とかなりました。

市内っぽくなったところで降り、

初日のタクシーからの景色を

思い出し、途中道を聞きながら

比較的簡単に宿へ帰れました。

ツアーを終えて

僕がアフリカに来る前は、アフリカは

民族の住む村か、今回のようなスラム街

ばかりかと思っていました。

しかし、僕が住んでいたセネガルは

実際はもっと快適で栄えていました。

そんな中で2年間も生活していたので

スラム街の存在は忘れ去れていました。

それを、

このケニアの旅で思い出されましたね。

まあ、だから何だと

言うわけではありませんが・・・

他人事だったものが、

身近なものに感じました。

そういえばこういうスラム街には

ボランティアの手は入ってるんでしょうか?

それとも政府からの要請が無いし、

治安も良くないとなると

ボランティアも行き辛いのかな?

政府がガチスルーしてる場所を

他国の団体が助ける事って出来るんでしょうか?

まずは政府を説得する必要があるなら

道は険しいですね。

それでは!

Pocket

関連記事

  1. ケニア12 さらばケニア。UBER使って空港まで行ってみた
  2. ご支援よろしくお願いします。
  3. アウェイに飛び込め!
  4. 良い人たくさん。セネガルの治安事情
  5. セネガル観光地 ゴレ島 後編「発見!こんなところに日本人」
  6. jumia000 アフリカのアマゾンと呼ばれるECサイト「Jumia」とは
  7. ケニア空港 2017年ケニア1:出発早々トラブル続出
  8. 「日本のスイカの美味しい見分け方」を、アフリカで試してみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ノマドライフスタイル

  1. ワードプレスで文字を変更
  2. 大量注文
  3. 2017正月

今すぐ脱サラしたくなる面白ビジネス

banner

アフリカライフ

  1. 逮捕
  2. 販売
  3. セネガル人おばちゃん
  4. 大量注文
  5. レストラン内。快適空間
  6. saintluis03
  7. 公園内5
  8. tanaTOP
  9. gym00

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP