ゲーム、映画、買ってよかったものなどを紹介

ケニア6 ストレス満載サファリツアー 金額や予約方法

2017.07.23

ゾウ
Pocket

こんにちは!

さいとうです。

僕がケニアに来た一番の目的。

それは

サファリツアーです!!

アフリカといえばサファリでしょ。

キリン

アフリカってどこの国にも

サファリがあると思っていたんですが、

実際は全然そんな事無いみたい。びっくり。

サファリといえば

タンザニア、南アフリカ

そして、今回のケニアです。

ツアーを予約

僕が泊まっている安宿

ニューケニアロッジでは

ツアーの予約ができます。

多分宿泊していない人でも

予約しに来れるみたいです。

2泊3日で300ドル。

チラッと値引き交渉したけど

ダメでした。

ただ、ツアーの間は

この宿に荷物を置かせてもらえます。

あと、双眼鏡も付けてもらいました。

ツアー当日

少し早めに起きて、

仕事のメールをチェック。

受注商品を確認し、

スタッフへ指示出し。

旅行中は仕事の時間が限られますが、

朝1、2時間の作業だけで

済むようになってきました。

というわけで朝8時に出発!

サファリのある

マサイマラへ向かいます。

宿の近くまでワゴンが迎えに来てくれました。

車内

車内

そこから他のホテルへも向かい

予約者を集めていきます。

今回は平日だったこともあり、

メンバーは僕含めて6人。

全員別のホテルです。

ここでマズイ事に気づきました。

英語力が半端ない人たちの集まりだと・・・

結局、宿で日本人を捕まえる事が出来なかった僕。

仕方が無いので単独参加していました。

ここから3日間、

僕のコミュ障が炸裂する事となります。

メンバー紹介

途中で2人と別れたので、4人になりました。

今回のメンバーは粒ぞろい。

サファリメンバー

サファリメンバー

1.赤十字で世界を跨ぐ美人スペイン女性

2.動物学を学ぶ知識人イケメンスイス男性

3.容姿端麗、背が高く元気な中国人女性

4.人見知りの国代表。もう帰りたい日本人男性

もちろん4番は僕です。

とにかく会話の内容が高等すぎて、

知らない単語が飛び交うばかり。

冗談交じりに各国の文化や

学問について話すもんだから

何言ってるのかさっぱりです。

しかも完全ドネイティブな発音。

流れるような会話に入っていけません。

ここでみなさん、中国人の英語力が

気になるところだと思いますが、

いやもう余裕でペラペラ。

それもそのはず、現在は

イギリスのオックスフォード大学に

在籍中なのであります。

持ち前の明るさも重なって

このツアー中のMVPと言っても

過言ではないレベル。

もうねこれは惚れる。

こんな中国人見たことない。

そんなワケで同じアジア人同士

手を取り助け合いたいところですが、

完全に助けを乞う形になりました。

出鼻を挫かれた僕は

「英語なんて話せなくても旅は出来る」

という根拠のない自信を、速攻で

改めるしかありませんでした。

「(常に日本人と動いていれば)

英語なんて話せなくても旅は出来る」

・・・・・

その前に日本人が見つからないんだよ!

移動、そして到着

サファリまでは休憩時間入れて約8時間くらい。

トイレ休憩は3回くらいでした。

ただ人数も少ないので、この辺は

言えば臨機応変に動いてくれます。

一つ目の休憩ポイントはお土産売り場。

ここから壮大な景色が見えます。

休憩ポイント

休憩ポイント

キレイな景色

その辺にマサイ族が住んでるらしい

コーヒーやチャパティ

コーヒーやチャパティも買えます。(各100ksh。高め)

お土産屋

お土産屋

ここのお土産屋は

高いので買わなくてOK

というかナイロビに激安土産屋があるので、

このツアー中は、現地にお金を落とすという

貢献心が無い限りは買わなくてOKです。

レストラン

レストラン


サファリツアーのビュッフェ

サファリツアーのビュッフェ

続いてレストラン。

ここでビュッフェ形式の昼食。

ビールも頼めます。(200kshくらい)

続いて参加者の一人が

「スーパーに寄りたい」

という事だったので、レストラン近くの

ショッピングモールに行きました。

ショッピングモール

ショッピングモール

小さなショップがいくつかと

広いスーパーがあります。

ここで水をゲット。

1Lx2本を購入しました。

サファリへ行くと買える場所が無いので

ここか事前に調達しておきましょう。

移動中

移動中。ずっとこんな感じ

パンクした車を発見

パンクした車を発見

マサイくんズ

マサイくんズ

その後は特に問題もなく

サファリのあるマサイマラに到着。

ホテルについて

マサイマラについたら、

ホテルへ向かいます。

ここでなんと中国人だけ別のホテルへ。

そんな!

いいホテル

いいホテル

ツアー料金が違ったのか、

見た目高そうな場所でした。

残った僕らは少し離れたホテルへ移動。

大型テント

大型テント。実は快適

この大型テントに泊まります。

イケメンと相部屋です。

トイレ・シャワー付き。

シャワーは温水が出ます。

アメニティは石鹸のみ。

タオルやシャンプーは持参必須。

電気は夕方からのみ使用可能。

充電はレストランフロアのみ(夜・朝)。

wifiはレストランのみ使えるが、

回線は最遅。ギリギリLINE使えるくらい。

ネットならsafaricomが便利

1000ksh分のカード

因みに僕はマサイマラに来る前

safaricomのSIMを購入し

ネットを使えるようにしていました。

道中のショッピングモールあたりまでは

サクサク使えていました。

マサイマラまで来たら、

ネットサーフィンは不可ですが、

LINEやメッセンジャーは

遅いなりに問題なく使えました。

こっちに来ても仕事の連絡は来てたので

やっぱりSIM買っておいて正解だった!!

次回はついに、サファリツアーです。

それでは!!

関連記事

人気の記事

登録されている記事はございません。

カテゴリー