ゲーム、映画、買ってよかったものなどを紹介

ケニア7 サファリのBIG5とは?

2017.07.30

ビッグ5ってなんだ
Pocket

こんにちは!

さいとうです。

宿に荷物を置いて一休みしたら、
早速サファリへGO!

既に夕方近くなので、
今日は近場で肩慣らしです。

マサイ族に囲まれる

入園ゲート

入園ゲート

入園ゲートで手続きをしていると
来るわ来るわ、マサイ族の売り子たち。
もうね、窓から手を入れて
グイグイ商品を押し付けてきます。

グイグイ来る

グイグイ来る

テンパるメンバー。

僕はというと、買う気配が見えないのか
全然寄ってきませんでした。

結果的にブレスレットや
マサイ布を買う皆さん。

ブレスレットは100kshで買ってました。
布は600kshくらい?

広大なサファリ

サファリ景色01
サファリ景色02

入園するとついにサファリが登場!!

いやぁー、絶景。

キリン

最初はキリンがお目見え

ヌー

ヌーがちらほらいました。

ただ、こいつがヌーだと知ったのは
サファリツアーから帰った後でした。

英語ではウォービーストと言うらしく
イケメンが「ウォービーストがいるぞ!」
と言ってても、
「あのヨボヨボな牛みたいのは何だ。
俺はヌーが見たいねん」

って思ってました。

シマウマ

シマウマ

バンビ?

バンビ?

初日、僕たちが見れたのはこんな感じでした。

1日目の夜と2日目の朝の様子

夜ごはんは昼とほぼ同じようなビュッフェでした。

夜と朝だけ電気が通るので、
その時にレストランスペースで
充電ができます。

wifiはかろうじてLINEやスカイプが
出来る程度なので期待しないように。
どうしても必要な人は、サファリコムSIMを
事前にゲットしておきましょう。

ご飯を終えたら少し談笑の時間。
幸いなことにもう1グループいたので
一緒に会話を楽しみました。
・・・と言っても僕は端っこで
海外ドラマみたいだなーと思いながら
談笑を見ていただけですが。

朝ごはんもビュッフェ。
味は期待しないでください。
ただ、やけにインスタントコーヒーが
美味しく感じるんですよね。

セネガルで飲んでたコーヒーよりも
圧倒的においしい、というか飲みやすい。

これお土産に買えばよかったなー。

サファリ2日目!

本日は朝から夕方まで
フルスロットルで
サファリツアー!

マサイ土産売り

入園ゲートでまた囲まれる。

「昨日買ったからいらないわ!」

と言っていた白人女性も
最後には折れてまた買ってました。

僕もこの時に2個だけ購入(100ksh)

ケニアとタンザニアの国境

途中、ケニアとタンザニアの
国境に寄りました。

国境

国境線

左がタンザニア。右がケニア

この辺は動物も全くおらず
写真撮影タイム。

写真撮影01
写真撮影02

みんな思い思いに写真撮影。

ジャンプ

このジャンプ力。マサイ族では・・・?

サファリのBIG5とは?

サファリには、BIG5と言われている
5匹の動物がいます。

有名だけど出会える確率の低い彼ら。

今回は、なんと全部会うことが出来ました!

1.ゾウ

ゾウ

ゾウ

群れを成しているのと、
そもそもデカいので、
見つけるのは比較的簡単。

デカいは正義とは言ったもので(誰が?)
こんな近くで大きなゾウを見れたのは
感動でした。

2.サイ

サイ

サイ

カッコいい!!!
惚れ惚れしますわぁー。

突進してる姿とか見たかった。

3.ヒョウ

ヒョウ

ヒョウ

木の一番上でだるそうにしていました。

何かの死骸

何かの死骸

下の方には、ランチ用なのか、
動物の死骸がキープされていました・・・

4.バッファロー

バッファロー

バッファロー

これまたカッコいい。

5.ライオン

遠くのライオン

遠くのライオン

一番最後に見れたのが、ライオンでした。

ただ、ライオンが近づき辛い場所にいて
遠くからだし、向きも微妙。

ちょっと残念・・・

と、思ってたら、

ライオン夫婦

近くにライオン!!

ライオン開始

しかも始めとる!!

3回もやっちゃって、これには僕ら全員大興奮。

というわけで、ビッグ5でした。

ドライバー同士が無線を使って
連絡しあっているので、
今では会うのはそれほど難しくありません。

とは言え、確かに他の動物よりも
数が少ないのは確か。

今回見れたのはラッキーでした。

ランチとカバ

昼ごろに、カバのいる川に行きました。

カバは遊びで動物を殺すという
見た目とは裏腹の凶暴なやつです。

ただ、予想以上のデカさに驚いて以来
僕の一番好きな動物でもあります。

ソルジャーが案内してくれます。

ソルジャーが案内してくれます。

カバたちは川の反対側で寝てます。

カバたちは川の反対側で寝てます。

川の中にもちらほらいます。

急に大声で吠えたりするし、
耳をパタパタする姿もかわいい。

ひときしりカバを堪能した後は
ランチタイム。

レジャーシートを敷いて
ドライバーが用意してくれていた
ランチを食べます。

ランチ

ランチ

・ジュース
・サンドイッチ
・リンゴ
・バナナ
・ポテチ

が入っていました。
リンゴとバナナってのが
外国っぽくてオシャレすな。

景色が非現実

動物もよかったですが、
僕が一番感動したのは、
サファリの壮絶壮大な景色。

サファリ景色03
サファリ景色04
サファリ景色05

どうですか。

いつまでも見ていたくなりました。

現実に戻される僕

メンバー

景色はとても素晴らしいですが、
やっぱりこの感動を伝えたくても
周りには外人しかいません!!

アメイジングとかオウサムとか
僕が言っても嘘っぽく聞こえる。

白人が言ってた
「スーパービューティフル」
の方が高貴な単語に聞こえた。

彼らが動物を指さしながら
ウィットに飛んだジョークを
話していても、よくわかりません。

とにかくこの言語の壁を気にしすぎて
純粋にサファリを楽しめませんでした。

マサイ族の村に行きました。

それはそれとして、
サファリの後は
マサイ村に行きました。

次回をお楽しみに。

それでは!!

関連記事

人気の記事

登録されている記事はございません。

カテゴリー