セネガルインターン生が日本に帰ると、どうなる?2人目

Pocket

こんにちは!斉藤です。

セネガルにインターンに来てくれていた
学生達に、大阪と東京で会ってきました!

本日は二人目です

アフリカという日本からは程遠い国に来たことで

これからの人生にスパイスが加えられたのか??

それともあれはただの現実逃避で、
日本の空気に触れて
また元の生活に戻ってしまったのか!?

インターンに限らず、留学、ボランティア、ワーホリなどなど

海外で色々な体験をしたいと思っている人は
ちょっと気になるところですね。

インターン生その2「しょーたろー」

goto

学生期間を終え、社会人になる直前の2月に
和心インターンとしてセネガルに来ていたしょーたろー。
既に様々な国を旅しており、モザンビークでは
JICAのインターン経験も。

来る前からポテンシャルの高かった彼は
短期間でしたが、市内だけでなく村にも足を運び
様々な知識と問題点を洗い出してくれました。

日本に帰ってきてからも、これからのインターン希望者を
サポートをしてもらっています。

もともと海外で働く夢を持っていた彼ですが、
それと同じくらい、日本での安定した生活にも憧れていました。

アフリカに来る前はそんな悩みも抱えていたようですが、
インターンを通じ、僕らのように海外で生活している日本人や
世界を旅しているバッグパッカー達、
そしてセネガル人たちと深く関わったことで、
進む道も決めたようでした。

今週、東京で彼に会った時は、
4月から新社会人になったばかりなのに、
新入社員とは思えないほどの貫禄を放っていました。
もうね、社畜感ゼロ。

「働きたくない・・・定時で帰ってパズドラやりたい・・・」
なんて言うのが昨今の新人のイメージでしたが、
希望の国際事業に携われている事と、大きな夢を持っている彼は
マジでイキイキとしていました。

次回は、これからインターン生になる期待のルーキーです。

それでは!

 

【インターン生、募集中!】

intern-blog

↑詳しくはコチラ↑
※こちらはレストラン和心ではなく、斉藤のお仕事(小売、物販)の募集になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です